9月の単衣に合わせるうそつき袖

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『9月に着る単衣の着物に合わせるうそつき袖を作る』ということについてお話しさせていただきたいと思います。

私の持っている正絹で単衣仕立ての着物は “花織” の一着だけで、これをコーディネートを替えて6月にも9月にも着ています。ですが、単衣仕立ての長襦袢は一枚も持っていなく、今までは袷や夏の時期に着る長襦袢を合わせていましたが、それがあまり素敵ではなかったので、今年の6月はレースの生地でうそつき袖を作り、 “えり付きの肌襦袢と組み合わせるというスタイル” で単衣の着物を楽しみました。レースの生地は透け感が軽やかで6月のコーディネートとしてはとても素敵なのですが、9月にその単衣の着物を着る時にはまた、秋らしい色柄の生地で新しいうそつき袖を作ろうと思っていました。

☝千鳥格子柄の鼻緒がモダンで大人可愛い、カレンブロッソのカフェぞうり。台のお色は「シャーベット」と「ココア」の2色があります。

6月用のうそつき袖

上品でその透け感が6月に合わせるコーディネートにぴったりなレースの生地は、反物から仕立てるものにはあまりないデザインだと思うのですが、そこがハンドメイドならではの特別感があり、使っていて嬉しいものでもありました。初夏らしいさわやかなイメージにしたかったので、明るくやわらかな色を選びました。

9月用のうそつき袖を作る

生地

9月用のうそつき袖は秋らしいこっくりとした色味の生地で仕立てようと思い、近所にある手芸屋さんで見つけたのがこちらの生地です。茶色地にそれよりも濃い茶色で小花とリボンがブーケのように描かれた洋風のデザインは、和服に合わせるにはかえっておもしろいなと思い購入しました。こちらの生地はコットン100%で、お値段は1mで税込864円でした。

作り方

高校の和裁の授業で浴衣を習った時の袖の縫い方を参考にして作ります。作り方は、こちら☟の記事をご覧になってください。

☞『6月の単衣にはレースのうそつき袖を』

できあがったもの

レースのうそつき袖と同じようにスナップボタンを縫い付けて、簡単に着物に付け外しができるようにしました。レースの生地はストレッチがきいていて採寸をするのにも縫製をするのにも苦労しましたが、コットン素材のこちらの生地は袖下を縫う時にはミシンを使ったりと、楽に仕上げることができました。

コーディネートを比較してみる

6月用と9月用に作ったうそつき袖を同じ花織の着物に合わせてそれぞれコーディネートをし、実際に着た時の見え方を比べてみます。

着付け

着付けをするときには長襦袢ではなく「えり付きの肌襦袢」を着物の下に着ます。

*えり付きの肌襦袢はこちら☟で購入できます。

袖口からの見え方

〔6月 レース生地〕

〔9月 茶色のコットン生地〕

ふりからの見え方

〔6月 レース生地〕

〔9月 茶色のコットン生地〕

うそつき袖の色や素材の違いでコーディネートのイメージがずいぶんと変わるように感じます。もちろん、帯や帯まわりの小物などでも季節感は出せますが、やはり着物にぴったりと沿うように存在するうそつき袖は、目立つ部分ではなくても着物の第一印象をはっきりと決めてくれている気がします。特に同じ着物を6月と9月に着る場合、うそつき袖を替えるという事は、その時期らしいコーディネートをする上で重要であるなと改めて思いました。

袖口からはうそつき袖の生地の裏側が思っているよりも見えるので、表と裏の見分けが付きにくいデザインのものを選んだ方が良かったかなと思いました。また、うそつき袖の素材について、コットンを絹の着物に合わせるのはどうかと思っていたのですが、花織の着物の場合は見た目におかしいということはありませんし、ふんわりとした生地は着物の袖ときれいに重なり、絹やポリエステルなどのすべりの良い生地のように着物の袖の中で遊んでしまうという事がありませんでした。

おわりに…

正絹の長襦袢を誂えるのはコストも時間もかかりますが、ハンドメイドのうそつき袖ならその季節に合わせたものを簡単にそろえることができます。色や柄、素材など自分の気に入った生地で作るうそつき袖は、コーディネートにも他にはない特別感が出て、着物をより素敵に着られますね。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

タイトルとURLをコピーしました