着物でおうちカフェ【十勝トテッポ工房 ナチュラルチーズケーキ】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『おいしいお取り寄せスイーツで楽しむおうちカフェ』についてお話しさせていただきたいと思います。

「お取り寄せスイーツ」というワードには心がときめかされてしまいますが、お歳暮などで人に差し上げるくらいで、今まで自分のために購入するということはありませんでした。また、たまに着物を着てカフェめぐりをしていますが、冬場は雪の問題で外出しづらいということもあり、『お取り寄せスイーツでおうちカフェ』を企画し、楽しんでいました。暖かくなり、お出かけしやすくはなったものの、新型コロナウイルスのことでカフェめぐりはできませんので、もうしばらくおうちカフェを楽しもうと思います。カフェへ行くときはお出かけ用の着物を着ますが、おうちカフェなので「普段着物」です。

スポンサーリンク

本日のお着物

4月に入っても雪がちらついたり、札幌は寒い日が続いています。この日は、祖母からもらった大島紬を着ました。これに、メルカリで購入した半幅帯と帯締めを締めています。丸ぐけの帯締めは、着物をほどいてハンドメイドされたもの。カジュアルな雰囲気が出るので、普段着物のコーディネートにピッタリです。

Palnart Poc(パルナートポック)の可愛い帯留め。アクセサリーと雑貨のお店『Swaps』さんでは、ネコや鳥などの動物モチーフに花や蝶などの可憐なもの、鳥獣戯画のような渋めのものなど、たくさんの種類を取り扱っています。どれも繊細で表情豊かな帯留めばかりです。

今回のお取り寄せスイーツ

1回目、2回目と地元北海道のスイーツを選んできましたが、まだ定番の「チーズケーキ」をいただいていませんでした。北海道は酪農が盛んですので、乳製品を使ったスイーツは特に多いのですが、チーズケーキもおいしそうなものがたくさん。今回はその中で、北海道のスイーツランキング等でいつも上位にある「十勝トテッポ工房」さんのチーズケーキをいただいてみることにしました。

【十勝トテッポ工房 ナチュラルチーズケーキ】

「十勝トテッポ工房」は北海道の帯広市にあるカフェとショップが併設された工房だそうです(実際に訪れたことはありませんが、近くまで行ったときにはぜひ立ち寄ってみたいです)。「トテッポ」という聞きなれない言葉が気になり、覗いてみたショップのサイト。おいしそうなスイーツの写真にも目を奪われましたが、何より工房のある十勝の地を大切に思う気持ちが綴られたお店のコンセプトにひかれ、購入を決めました。お目当てのチーズケーキは、3種類のチーズ(クリームチーズ、フレッシュチーズ、マスカルポーネ)を独自にブレンドした「ナチュラルチーズケーキ 北海道フロマージュ」と、それをベースにさらにカマンベールチーズを加えた濃厚な味わいが特徴の「ナチュラルチーズケーキ カマンベール」の2種類があり、原材料は北海道産にとことんこだわられているそうです。迷わず、2つが詰め合わせになった「ナチュラルチーズケーキ アソートボックス」を注文しました。

☞『十勝トテッポ工房』さんの公式サイトはこちらです。

【購入してみる】

「ナチュラルチーズケーキ アソートボックス」は1箱1,300円(税抜)で、送料は同じ北海道内ですので770円でした。*道外の場合の送料やその他注意事項についてはサイトをご確認ください。

冷凍便で届いたものがこちらです。箱の側面には可愛らしい汽車のイラストが。店名の「トテッポ工房」の由来である「とてっぽ通り」には、かつて、鉄道がはしっていたということです。

箱の裏です。

中を取り出すと、可愛らしいサイズのチーズケーキが2種類、小分けになって入っていました。

説明書きが添えられていました。いただくときは、冷蔵庫で2時間ほど解凍すると良いそうです。

合わせていただく飲み物

「おうちカフェ」ですので、おいしいスイーツに合わせておいしい飲み物を用意します。

【煎茶】

洋菓子をいただくときに合わせる飲み物と言いますと、すぐに紅茶が思いつきますが、他にないかなと調べてみると、チーズケーキには「緑茶」も合うそうです。ちょうど、家に煎茶がありましたので、今回はそちらを用意することにします。

【いれ方】

まず、沸かしたてのお湯を茶碗に入れます。そのあと、急須に茶葉を入れます。*1人分のお湯(110ml)に対して茶葉の量は3.5~4g。茶さじを使う場合は軽く2杯です。

茶碗のお湯を急須にそそぎ、45秒~1分間蒸らします。

蒸らし終えましたら、茶碗にお茶をそそぎます。濃くしっかりした味にしたいときは何回かに分けて、薄めですっきりさせたいときは1回でそそぎます。*2煎目もおいしくいただくために、残さずそそぎきります。

煎茶の用意ができました(少し薄かったかもしれません…)。

カフェタイム

それでは、いれたての煎茶と一緒に「十勝トテッポ工房のナチュラルチーズケーキ」をいただきたいと思います。

2種類のチーズケーキの食べ比べ、楽しみです。

こちらが「北海道フロマージュ」。直径5㎝くらいの小さなチーズケーキが、それよりひとまわり大きなクッキー生地のお皿にのっています。

こちらの「カマンベール」の方は粉糖がかかっています。

ナイフで半分に切ってみました。「北海道フロマージュ」の方が柔らかい感触です。

「北海道フロマージュ」は優しい甘みといろいろなチーズの風味が合わさった複雑な味わいで、中心のトロっとした食感が何とも言えずおいしいです。一方、「カマンベール」の方はふんわりとした食感。「北海道フロマージュ」に比べると甘さは控えめで、カマンベールチーズのクセのある味わいが大人向けだなと思いました。どちらも、土台のクッキー生地の食感も加わって、とてもおいしかったです。また、すっきりとした味わいの煎茶は濃厚なチーズケーキとピッタリでした。

おわりに…

チーズケーキには本当にたくさんの商品がありますが、特に「北海道フロマージュ」のトロっとした食感は時間が経っても鮮明に記憶されていて、他とは違う、また食べたいと思えるチーズケーキでした。サイズは小さめですが、一つをまるごといただけるので、外側と中心の焼き具合の違いを楽しめますし、個装されていて切り分ける必要もないため、お土産等にもピッタリだなと思いました。よろしければ、皆さまも、ぜひ。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

ブログランキング・にほんブログ村へ

☝ランキングに参加しております。クリックよろしくお願いいたします☺

タイトルとURLをコピーしました