お手入れ【絹用洗剤を使う】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『絹用洗剤を使って洗濯をする』ということについてお話しさせていただきたいと思います。

着物は着ていて素敵なのですが、悩ましいのがお手入れですね…。ウールや綿など自分で手軽に洗濯できるものもありますが、手持ちのアイテムは絹素材のものが多いです。自分用に誂えたり頂いたりした着物や帯など、絹素材で大切なもののお手入れは呉服屋さんにお任せしていますが、小物くらいは自分でお手入れしたいと思い、「絹専用の洗濯洗剤」を買ってみました。さっそく、その絹用洗剤を使って正絹の半えりをお手入れしてみたいと思います。

*着物のお手入れについてまとめた記事がありますので、よろしければ、合わせてお読みください。☞『着物のお手入れのこと』

『シルクランドリー』

実は今までも半えりや帯などの絹素材のアイテムを自分で洗濯していましたが、そのときは一般的なおしゃれ着用洗剤を使っていました。ですが、デリケートな絹ですので、生地を傷めたりしていないか心配でいろいろと調べているうちに、この「シルクランドリー」のことを知りました。

*絹の半幅帯を一般的なおしゃれ着用洗剤で洗濯したときの記事がありますので、よろしければ、お読みください。

☞『お手入れ【帯のシミ抜きと洗濯】』

左が「シルクランドリー」 右が「エマール」

「シルクランドリー」は絹専用の洗濯洗剤です。いつも洋服のおしゃれ着を洗濯するときに使う「エマール」と成分を比べてみますと、液性は同じ中性。成分は界面活性剤の他に「酵素」と表示されています。商品の説明には「酵素パワーですっきり強力な洗浄力 シルクの光沢・ソフトな肌ざわり、デリケートなシルクの風合いを長く保ちます。」とも書かれています。

☟「シルクランドリー」は楽天市場で購入しました。こちらのショップですと、送料込みのお値段が1番お安いです。

使ってみる

本来、絹は色落ちや縮みが起こりやすいことから水に浸してはいけない素材ですので、この商品は「洗っても良い」と洗濯表示のある絹製品に使うものだと思いますが、今回、そのような洗濯表示のない絹の半えりも一般的な手洗いのように水に浸して洗います。

色落ちチェック

まずは洗濯をする前に、色落ちチェックをします。洗剤をつけた綿棒を生地の目立たないところにこすりつけ、色が綿棒に移らないかを見ます。

洗う、すすぐ

2ℓ~5ℓのぬるま湯(35℃~40℃)に約5㎖(キャップ1杯)のシルクランドリーを溶かします。

十分に液が含むように2~3回押し洗いし、そのまま5分ほどつけおきします。*色落ちは見られません。

つけ込み後、さらに軽く押し洗いします。その後、水またはぬるま湯で2~3回すすぎます。

脱水

軽く絞った後、さらにタオルを使って水分を取ります。

干す

陰干しします。

アイロンがけ

あて布をして表と裏の両方からアイロンをかけます。絹なので本当は低温が良いですが、中温でかけました。

仕上がり

一般的なおしゃれ着用洗剤と使い比べてみたわけではありませんのではっきりとは言えませんが、仕上がりの感じはかなり好感触です。とにかく肌ざわりが良く、絹の風合いはそのままに、さっぱりと洗いあがったように思います。洗濯後のシワも、アイロンをかけると気にならなくなりました。

縮み具合

縮み具合を見るため、洗濯の前後で採寸をしました。

 洗濯前 洗濯後
長辺104.5㎝101.5㎝
短辺15㎝15㎝

生地の横方向にはまったく縮みは見られませんでしたが、縦方向には3㎝の縮みが見られました。

半えりの他、帯揚げのお手入れにも使えそうです。また、正絹の半幅帯を一般的なおしゃれ着用洗剤で洗濯したときもシルクランドリーを使うと良かったように思います。

≪追記≫

*シルクランドリーを使って、帯揚げと帯締めの洗濯をしたときの記事がありますので、よろしければ、お読みください。

☞『お手入れ【帯揚げと帯締めの洗濯】』

おわりに…

洋服でも和服でも、お手入れの仕方が決まっていないとおしゃれを楽しむことはできません。今まであまり気にせず一般的なおしゃれ着用洗剤を使っていましたが、絹には絹専用の洗剤を使うのが最良なのだと分かりました。小物くらいは自分でお手入れできると、わざわざ呉服屋さんにお願いする手間や料金がかかりませんので嬉しいですね。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

☝着物を着るなら、ぜひ持っていたい「絹用洗剤 シルクランドリー」。半えりなど、ちょっとした小物のお手入れに。絹製品が家庭で手軽にお洗濯できます。

ブログランキング・にほんブログ村へ

☝ランキングに参加しております。クリックよろしくお願いいたします☺

タイトルとURLをコピーしました