折り紙小物のある素敵な暮らし【箸置き・ようじ入れ・箸袋】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『折り紙で作る身近な雑貨【箸置き・ようじ入れ・箸袋】の折り方』をご紹介させていただきたいと思います。

100円ショップで見つけた、てぬぐい柄の折り紙とパンの柄のラッピングペーパー。これらを使い箸置きようじ入れ、そして、箸袋を作りましたので、その折り方をご紹介させていただきます。箸置きはシンプルだけれども安定したつくりで使いやすいデザインのもの、ようじ入れは箸置きを作った後の残りの紙で作ります。

*山口真さんの「暮らしの折り紙雑貨」という本を参考にさせていただきました。

☝『京都老舗帯締め屋 三分紐』。草木染めによるニュアンスカラーの帯締めは全7色。どれも今の時期、そしてこれからの時期にピッタリな上品で素敵なお色です。

折り紙をするようになったのは

着物とは直接関係のないことかもしれませんが、私の好きなことの一つに折り紙があります。最初に折り紙の魅力にとりつかれたのは、和紙で干支のモチーフを折ってお正月に飾ったら素敵だなと思い、参考になるものを探しに書店を覗いた時に、前川淳さんの『本格折り紙』という本に出会ったのがきっかけでした。「さっきまでただの一枚の紙切れだったはずのものが、今、まさにちゃんと存在するものに変わった…!」という感動は、折り紙作品を作るたびに毎回感じることです。それから折り紙をするようになり、モチーフの他にも身近な雑貨などを作って楽しんでいます。

今年のお正月に飾った折り紙の猪

「箸置き」の作り方

使用する紙は一般的に売られている折り紙を半分に切ったものです。

4等分に折筋をつけます。

裏返して右端を少し折ります。*黒く色をつけた部分が完成した時に見える部分に、折った部分がつまみの部分になります。紙の柄に方向性がある場合は矢印のさす方を上側にします。

裏返して、一番下の折筋で折り上げます。

同じように一番下の折筋で折り上げます。

裏返して、右側半分を星印の部分に差し込みます。

差し込み終わったところです。

裏返して、上側半分を下側のすきまに差し込みます。

差し込み終わったところです。

広げて中を見たところです。黒く色をつけた部分を上側のすきまに差し込みます。

黒く色をつけた部分をつぶして平らにしながら内側を広げて立体的にします。

箸置きが完成しました。

「ようじ入れ」の作り方

箸置きを作った後の折り紙の残りで二つ作ることができます。

紙のサイズは折り紙を縦に1/4にした大きさです。

裏が見えるようにして置き、上側を少し折ります。

下側半分を折り上げます。


黒いラインで手前の紙の縁を折ります。*この部分の折り方で、いろいろ遊んでみてください。

右側を約1/3折ります。次に左側を約1/3折るのですが、すきまを少しあけます。(黒く囲った部分です)

このような感じに右端にすきまができます。

折った左側の部分をいったん戻し、右側のすきまに差し込みます。

差し込み終わったところです。

ようじ入れが完成しました。

「箸袋」の作り方

ようじ入れと同じ折り方で箸袋もできます。100円ショップのキャンドゥで見つけたパンの柄のラッピングペーパーで作りました。

*紙のサイズは約縦42㎝×横10㎝です。

山口真さんの「暮らしの折り紙雑貨」には、他にも実用的で素敵な折り紙小物の折り方がたくさん載っていて、私も本当によく活用しています。どうぞ、書店等で実際に手にとってご覧になってみてくださいね。

おわりに…

なくても困ることはないけれど、あるとちょっといいもの。箸置きもようじ入れも箸袋もそんな存在かもしれませんが…。可愛い紙を見つけてはサッと作り、そして、使う。そんなことをするのが楽しいのですよね。よろしければ、皆さまも、ぜひ。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

タイトルとURLをコピーしました