折り紙小物のある素敵な暮らし【コースター】

和紙で作るコースター

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『折り紙で作る身近な雑貨 【コースター】の折り方』をご紹介させていただきたいと思います。

普段はそんなに出番のないコースターも、お客様に飲み物をお出しする時などには必ず使います。布やコルクでできたコースターも何組か持っていますが、紙を折って手作りしたものもとても素敵です。ご紹介させていただきますコースターは折り紙2枚で簡単に作ることができるので、気に入る紙を見つけては次々と作りたくなってしまいますが、今回は和紙の折り紙を使って夏に合う涼しげな色合いに仕上げました。

*山口真さんの「暮らしの折り紙雑貨」という本を参考にさせていただきました。

☝『京都老舗帯締め屋 三分紐』。草木染めによるニュアンスカラーの帯締めは全7色。どれも今の時期、そしてこれからの時期にピッタリな上品で素敵なお色です。

折り紙をするようになったのは

着物とは直接関係のないことかもしれませんが、私の好きなことの一つに折り紙があります。最初に折り紙の魅力にとりつかれたのは、和紙で干支のモチーフを折ってお正月に飾ったら素敵だなと思い、参考になるものを探しに書店を覗いた時に、前川淳さんの『本格折り紙』という本に出会ったのがきっかけでした。「さっきまでただの一枚の紙切れだったはずのものが、今、まさにちゃんと存在するものに変わった…!」という感動は、折り紙作品を作るたびに毎回感じることです。それから折り紙をするようになり、モチーフの他にも身近な雑貨などを作って楽しんでいます。

折り紙で作った猪
今年のお正月に飾った折り紙の猪

「コースター」の作り方

折り紙を2枚使います。それぞれ折って同じ形のパーツを二つ作り、合わせて仕上げます。

三角に折りすじをつけます。

上下の角を中央に合わせて折ります。

ついている折りすじで紙の上下の縁を合わせるように折り上げます。

中央の折りすじと紙の下側のラインの交点、右上の角を結ぶ線で右端の部分を折り上げます。

この様になります。

裏返し、反対側の端も同じ様に折り上げます。

片方のパーツができました。

もう一枚も同じ様に折ります。

それぞれの角をすき間に差し込みます。

反対側の面も同じ様にします。

コースターができあがりました。

柄の見える部分はコースターの表側と裏側でそれぞれ色を付けた2ヶ所ずつになります。地空きの大きな柄よりも目の詰まった細かい柄の方がきれいに仕上がりそうです。

和紙の折り紙を使い、白と水色の涼しげな配色で作りました。

山口真さんの「暮らしの折り紙雑貨」には、他にも実用的で素敵な折り紙小物の折り方がたくさん載っていて、私も本当によく活用しています。どうぞ、書店等で実際に手にとってご覧になってみてくださいね。

おわりに…

繰り返し使うことはできませんが、その時の気分や使うシーンに合わせて紙の色柄や素材を選んでデザインを変えられるのが楽しいですね。簡単にできてしまうのも、嬉しいところです。よろしければ、皆さまも、ぜひ。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

タイトルとURLをコピーしました