折り紙小物のある素敵な暮らし【花のコースター】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『折り紙で作る身近な雑貨【花のコースター】の折り方』をご紹介させていただきたいと思います。

冷茶が嬉しい季節になりましたね。そこで今回は、和紙で作る「花のコースター」の折り方をご紹介させていただきます。くるんとカールさせた花びらが可愛らしい花のコースターは、お皿や小物入れとして使っても素敵です。

*山口真さんの「暮らしの折り紙雑貨」という本を参考にさせていただきました。

☝『京都老舗帯締め屋 三分紐』。草木染めによるニュアンスカラーの帯締めは全7色。どれも今の時期、そしてこれからの時期にピッタリな上品で素敵なお色です。

折り紙をするようになったのは

着物とは直接関係のないことかもしれませんが、私の好きなことの一つに折り紙があります。最初に折り紙の魅力にとりつかれたのは、和紙で干支のモチーフを折ってお正月に飾ったら素敵だなと思い、参考になるものを探しに書店を覗いた時に、前川淳さんの『本格折り紙』という本に出会ったのがきっかけでした。「さっきまでただの一枚の紙切れだったはずのものが、今、まさにちゃんと存在するものに変わった…!」という感動は、折り紙作品を作るたびに毎回感じることです。それから折り紙をするようになり、モチーフの他にも身近な雑貨などを作って楽しんでいます。

今年のお正月に飾った折り紙の「鼠」

「花のコースター」の作り方

材料

*直径9㎝の湯のみに合わせた大きさに作ります。

100円ショップで購入した和紙のラッピングペーパーを使います。今回は直径9㎝の湯のみに合わせて作りますので、12㎝四方にカットして使います。*折り方が少し細かくなりますので、あまり厚手でない方が良いと思います。

折り方

表を上にして置き、三角に折り筋をつけます。

半分に折ります。

角の先端をついている折り筋に合わせて折り、元に戻します。

縁を先ほどつけた折り筋に合わせて折り、元に戻します。

開きます。

半分に折り上げます。

先ほどと同じようにして、角に2本の折り筋をつけます。

角の縁を折り筋に合わせて折ります。

ついている折り筋で折り上げます。

反対側の角も同じように折りましたら、90°回転させます。

開きます。

赤い点線部分の折り筋と黄色い点線部分の折り筋がつながるように合わせましたら、矢印同士の間のみをつぶすようにして折ります。

一直線になるようにつぶした部分を折り上げます。

反対側も同じように折りましたら、折った部分が横並びになるように置きます。

半分に軽く折ります。*平面にはなりません。

角の縁を折り筋に合わせて折ります。

ついている折り筋で折ります。

反対側の角も同じように折りましたら、開きます。

先ほどと同じようにして、残りの2ヶ所も折っていきます。

4つ角の先端をえんぴつなどを使ってカールさせましたら、「花のコースター」のできあがりです。

お菓子を盛り付けて

花のコースターは縁が立ち上がっているデザインですので、お皿や小物入れとして使っても素敵です。

おわりに…

コースターと言いますと平面のデザインが多い中、「花のコースター」は立体的で、湯のみが花びらで包みこまれたようになります。可愛らしい手作りのコースターは、おもてなしに使っても喜ばれそうですね。よろしければ、皆さまも、ぜひ。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

☟じゃんじゃん貯まるポイントが嬉しい「楽天カード」で、暮らしをもっともっと楽しく♪。