折り紙小物のある素敵な暮らし【小箱】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『折り紙で作る身近な雑貨【小箱】の折り方』をご紹介させていただきたいと思います。

以前、仲良くしていただいていた呉服屋のスタッフさんにスワロフスキービーズで作った帯留めをプレゼントしたことがあったのですが、帯留め自体は素敵に仕上がったものの、どのように包んでお渡しするか困ったことがありました。その時、お正月の特集がおもしろそうだからとたまたま買った、「オレンジページ」という雑誌の折り紙で手作りするポチ袋のページに、可愛らしい小箱の折り方が載っていたのを思い出したのでした。それ以来、「ちょっとしたもの」を包みたい時には、よくこの小箱を折ります。

☝『京都老舗帯締め屋 三分紐』。草木染めのやさしく上品なお色の帯締めです。ニュアンスカラーがコーディネートをより素敵に引き立ててくれます。

折り紙をするようになったのは

着物とは直接関係のないことかもしれませんが、私の好きなことの一つに折り紙があります。最初に折り紙の魅力にとりつかれたのは、和紙で干支のモチーフを折ってお正月に飾ったら素敵だなと思い、参考になるものを探しに書店を覗いた時に、前川淳さんの『本格折り紙』という本に出会ったのがきっかけでした。「さっきまでただの一枚の紙切れだったはずのものが、今、まさにちゃんと存在するものに変わった…!」という感動は、折り紙作品を作るたびに毎回感じることです。それから折り紙をするようになり、モチーフの他にも身近な雑貨などを作って楽しんでいます。

折り紙で作った猪
今年のお正月に飾った折り紙の猪

「小箱」の作り方

*できあがりのサイズは縦5.5㎝×横5.5㎝×高さ3㎝です。

15㎝四方の折り紙でもできますが、今回は100円ショップで購入したリバーシブルのラッピングペーパーを折り紙と同じ大きさにカットし、ふたと本体、それぞれ別の面を使って作ることにします。

まず、ふたを作ります。裏(にしたい面)を上にして置き、鉛筆で中心に印をつけます。

4つの角がすべて中心にくるように折ります。

中心を通る横のラインと上下のふち、中心を通る縦のラインと左右のふちをそれぞれ合わせるようにして折筋をつけます。

上の2ヶ所を開きます。

左右のふちが合わさるように折筋に合わせて折ります。

★と★を合わせるようにして側面となる部分を起こし、立体的にしていきます。

このようになります。反対側も同じように折ります。

角が中心に戻るように折り下げます。

このようになります。残りも同じように折ります。

ふたが完成しました。

ふたと同様にして本体を作ります。ただし、3つ目の工程では折筋を2~3㎜中心の方へずらしてつけます。

箱のふたと本体ができあがりました。

*ふたを飾り付け*

今回は和の雰囲気に仕上げたかったので、ふたにアジアンコードで作った小さな飾りを貼り付けてみました。使った紙のデザインに合わせてビーズやボタン、シールなど好みのもので飾り付けると、より素敵に仕上がります。

おわりに…

簡単に作ることのできるこちらの小箱は、使う紙や飾り付けで自分の好きなようにアレンジできるのが楽しいです。手作りの小箱に入れられたものをプレゼントされると、開ける時のワクワク感が増しますね。よろしければ、皆さまも、ぜひ。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

タイトルとURLをコピーしました