折り紙小物のある素敵な暮らし【ティッシュボックスカバー】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『折り紙で作る身近な雑貨 【ティッシュボックスカバー】の折り方』をご紹介させていただきたいと思います。

私の住む札幌市にはまだ桜の便りは届きませんが、それでも少しずつ春の気配を感じられるようになってきました。そこで本日は春らしい桜色の和紙でティッシュボックスカバーを作りましたので、その折り方をご紹介させていただきます。厚手の和紙を使いましたので、しっかりとしたつくりのものに仕上がりました。

*山口真さんの「暮らしの折り紙雑貨」という本を参考にさせていただきました。

☝『京都老舗帯締め屋 三分紐』。草木染めによるニュアンスカラーの帯締めは全7色。どれも今の時期、そしてこれからの時期にピッタリな上品で素敵なお色です。

折り紙をするようになったのは

着物とは直接関係のないことかもしれませんが、私の好きなことの一つに折り紙があります。最初に折り紙の魅力にとりつかれたのは、和紙で干支のモチーフを折ってお正月に飾ったら素敵だなと思い、参考になるものを探しに書店を覗いた時に、前川淳さんの『本格折り紙』という本に出会ったのがきっかけでした。「さっきまでただの一枚の紙切れだったはずのものが、今、まさにちゃんと存在するものに変わった…!」という感動は、折り紙作品を作るたびに毎回感じることです。それから折り紙をするようになり、モチーフの他にも身近な雑貨などを作って楽しんでいます。

今年のお正月に飾った折り紙の猪

「ティッシュボックスカバー」の作り方

準備

今回、使用した紙は100円ショップで購入した厚手の和紙です。

使用する紙の大きさ

紙の縦の長さ ≪(箱の高さ+箱の縦の長さ+0.4)×2 ≫ ㎝

紙の横の長さ ≪ 箱の横の長さ-箱の縦の長さ+紙の縦の長さ ≫ ㎝

*箱の横の長さは実際のものより0.5㎝ほど多く見積もった方がちょうど良いサイズに仕上がるようです。

今回使用したティッシュボックスには縦32.8㎝、横44.9㎝の紙を用意しました。

後の工程で紙の両方の長辺を端から1.5㎝のところで折るので、裏側に印をつけておくと良いです。

折り方

紙を裏側が見えるようにして横長に置き、半分に折り上げます。

矢印の端のラインをそろえてななめに折筋をつけます。反対側も同じです。

一度、広げます。

準備で印をつけたところで折ります(上と下の両方)。

半分に折り上げます。

先程つけたななめの折筋と下側のラインとの交点で左右のラインと平行になるように折ります。

このようになります。

内側を広げてつぶすように折ります。

このようになります。反対側も同じように折ります。

左右の上側のラインを中央の折筋に合わせて折ります。

このようになります。反対側も同じです。

角を箱のサイズに合わせて折ります。

左右の角に折筋がつきました。

つけた折筋で角を内側に折り込みます。もう片方の角も同じように内側に折り込みます。

赤く印をつけたラインで折り上げます。

赤く印をつけたラインで折り上げます。

矢印の角を後ろ部分のラインに合わせて折ります。

指でつまんでいる三角の部分を矢印の隙間に折り込みます。

このようになります。

もう片方の三角も隙間に折り込みます。そして、反対側も同じように折ります。

角と角を結ぶ赤く印をつけた部分、2ヶ所に折筋をつけます。

飛び出ている部分を少し折り下げます。反対側も同じです。

内側を広げて立体的にしたら完成です。

入れ方

折り込まれている部分を引き出します。

左右とも引き出すと、このように。

すべて開いて中にティッシュボックスを入れます。

ついている折筋で元の形に戻します。

三角の部分を戻すときは、緑色の矢印が指す紙の薄くなっている部分を写真のように折るとやりやすいようです。

ティッシュボックスが入りました。

山口真さんの「暮らしの折り紙雑貨」には、他にも実用的で素敵な折り紙小物の折り方がたくさん載っていて、私も本当によく活用しています。どうぞ、書店等で実際に手にとってご覧になってみてくださいね。

おわりに…

何のことはないティッシュボックスカバーも、自分で手作りしたものですと、ティッシュペーパーを取り出そうと手を伸ばすたびに楽しい気分になります。インテリア小物で春を取り入れるのも、素敵なものですね。よろしければ、皆さまも、ぜひ。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

タイトルとURLをコピーしました