折り紙小物のある素敵な暮らし【ツノつきトレイ】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『折り紙で作る身近な雑貨 【ツノつきトレイ】の折り方』をご紹介させていただきたいと思います。

リバーシブルの和紙を折って、お菓子を載せるためのトレイを作りました。四隅に「ツノ」のついた可愛らしいトレイは簡単に作ることができ、お菓子の他にも文房具など色々なものを入れたりと使い勝手が良さそうです。

*山口真さんの「暮らしの折り紙雑貨」という本を参考にさせていただきました。

☝『京都老舗帯締め屋 三分紐』。草木染めによるニュアンスカラーの帯締めは全7色。どれも今の時期、そしてこれからの時期にピッタリな上品で素敵なお色です。

折り紙をするようになったのは

着物とは直接関係のないことかもしれませんが、私の好きなことの一つに折り紙があります。最初に折り紙の魅力にとりつかれたのは、和紙で干支のモチーフを折ってお正月に飾ったら素敵だなと思い、参考になるものを探しに書店を覗いた時に、前川淳さんの『本格折り紙』という本に出会ったのがきっかけでした。「さっきまでただの一枚の紙切れだったはずのものが、今、まさにちゃんと存在するものに変わった…!」という感動は、折り紙作品を作るたびに毎回感じることです。それから折り紙をするようになり、モチーフの他にも身近な雑貨などを作って楽しんでいます。

今年のお正月に飾った折り紙の猪

「ツノつきトレイ」の作り方

*できあがりサイズ(トレイ部分) 10.5㎝×10.5㎝

紙は100円ショップで購入したリバーシブルの和紙を使います。お菓子を直接載せるので、和雑貨屋さんで見つけた鳥獣戯画柄の懐紙を中に敷くことにします。

紙を21㎝×21㎝に切ります。縦と横にそれぞれ半分の折筋をつけます。

*この折筋は目立たない方が仕上がりがきれいです。

横の折筋に上下の紙の縁をそれぞれ合わせて、折筋をつけます。

縦も同じように折筋をつけます。

角を4ヶ所とも三角に折ります。その後、一度裏返します。

裏返して見たところです。赤い点線部分の折筋に左右の紙の縁をそれぞれ合わせて折ります。その後、表側に戻します。

表側に戻して見たところです。黄色の点線部分の折筋で折ります。

黄色の点線部分の折筋で折ります。

矢印が指す部分を広げるのですが、この時、四隅はつぶすように三角に折ります。その後、それぞれの四隅の内側の紙を引き出して折ります。

*黒い線で囲った部分で詳しく見ていきます。

広げて…

つぶすように三角に折ります。

内側の紙をつまんで…

引き出し…

押さえます。残りの3ヶ所も同じように折ります。

矢印が指す部分を黄色の点線部分でそれぞれ反対側に折ります。

角を4ヶ所ともそれぞれ上に重なっている紙の縁のラインで折ります。

矢印が指す部分の紙の縁と上下の紙の縁をそれぞれ合わせて折ります。

トレイの側面部分を起こすように立体的にします。

「ツノ」のバランスを整えて完成です。

*仕上げ*

最後にのりづけすると形が安定してきれいに仕上がります。

山口真さんの「暮らしの折り紙雑貨」には、他にも実用的で素敵な折り紙小物の折り方がたくさん載っていて、私も本当によく活用しています。どうぞ、書店等で実際に手にとってご覧になってみてくださいね。

お菓子

今回作った「ツノつきトレイ」には【月寒あんぱん本舗 株式会社ほんま】さんの『玉ドーナツ』を盛り付けてみました。先日、大通公園をお散歩した時に、大通ビッセに入っています大通店で買ってきたものです。工場で作られたしっとりタイプの『月寒ドーナツ』と迷いましたが、“お店で揚げたて” というスタッフさんの言葉にひかれ、こちらの『玉ドーナツ』に。中はこしあんで、かわいいサイズだからとついつい食べ過ぎてしまいました…。

おわりに…

お客様にお茶菓子をお出しする時など、いつものお皿ではなく和紙で手作りしたトレイを使うのも雰囲気があって良いのではないでしょうか。入れるものに合わせて使う紙を変えると雰囲気が違って、また、楽しいですね。よろしければ、皆さまも、ぜひ。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

タイトルとURLをコピーしました