折り紙小物のある素敵な暮らし【三角取っ手の入れ物】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『折り紙で作る身近な雑貨【三角取っ手の入れ物】の折り方』をご紹介させていただきたいと思います。

今回は、三角の取っ手が可愛らしい「入れ物」の折り方のご紹介です。簡単に作ることのできる「三角取っ手の入れ物」は、ちょっとしたときにすぐに用意できるので便利です。長方形の紙を使いますが、縦横の比率で高さを変えられます。

*山口真さんの「暮らしの折り紙雑貨」という本を参考にさせていただきました。

☝『京都老舗帯締め屋 三分紐』。草木染めのやさしく上品なお色の帯締めです。ニュアンスカラーがコーディネートをより素敵に引き立ててくれます。

折り紙をするようになったのは

着物とは直接関係のないことかもしれませんが、私の好きなことの一つに折り紙があります。最初に折り紙の魅力にとりつかれたのは、和紙で干支のモチーフを折ってお正月に飾ったら素敵だなと思い、参考になるものを探しに書店を覗いたときに、前川淳さんの『本格折り紙』という本に出会ったのがきっかけでした。「さっきまでただの一枚の紙切れだったはずのものが、今、まさにちゃんと存在するものに変わった…!」という感動は、折り紙作品を作るたびに毎回感じることです。それから折り紙をするようになり、モチーフの他にも身近な雑貨などを作って楽しんでいます。

今年のお正月に飾った折り紙の「鼠」

「三角取っ手の入れ物」の作り方

材料

*できあがりのサイズ(15㎝四方、高さ7㎝)

縦と横の比率が3:2の紙で折ります。この比率が一番底が広くて背の低い形になります。また、4:3の比率ですと立方体に近い形になります。

今回は、表面と裏面が両方見える作品ですので、リバーシブルタイプのラッピングペーパーを使います。100円ショップで購入しました。

縦45㎝、横30㎝の長方形にカットします。

折り方

半分に折り上げます。*取っ手の色は、この時内側になる面と同じになります。

さらに、半分に折ります。

内側を広げてつぶすように折ります。*赤い点線部分が山折りになります。

このようになります。反対側も同じように折ります。

上側の1枚と下側の1枚をそれぞれ反対側に折ります。

左右の上側の縁を中心の折り筋に合わせてそれぞれ折ります。

このようになります。反対側も同じように折ります。

赤い点線部分で山折り、谷折りをして折り筋をつけておきます。

角の部分を内側に折り込みます。残りの3つの角も同じように折り込みます。

4つすべての角を折り込むと、このようになります。

矢印の下側へ、めくり上げている角の部分を折り込みます。

折り込んだところです。残りの3つの角も同じように折り込みます。

4つすべての角を折り込むと、このようになります。

三角の部分を折り下げます。反対側も同じです。

赤い点線部分で山折り、谷折りをして折り筋をつけましたら、内側を広げて立体的にします。

三角取っ手の入れ物ができあがりました。*全体的に柔らかいつくりですので、重たいものを入れるのは避けた方が良さそうです。

山口真さんの「暮らしの折り紙雑貨」には、他にも実用的で素敵な折り紙小物の折り方がたくさん載っていて、私も本当によく活用しています。どうぞ、書店等で実際に手にとってご覧になってみてくださいね。

おわりに…

一時的に何か入れ物が必要になったときや、使い捨てにしたいときなどにちょうど良さそうです。この時期いただく機会の多い「みかん」を食べ終わった後の「皮」などを入れても良さそうですね。よろしければ、皆さまも、ぜひ。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

タイトルとURLをコピーしました