浴衣を着物として着るには?着物風に着る方法ご紹介します

浴衣を着物として着るにはどうしたらよいでしょうか。浴衣を着物風に着る方法ご紹介します。

こんにちは。

『ユウミ キモノブログ』管理人の

ユウミと申します。

雑誌などで紹介されている浴衣の着こなしで、“着物風”のコーディネートをよく見かけます。

浴衣を着物風に着られるの?って思いますよね(*^^*)。

持っている浴衣が着物として着られたら、いつもとは違ったコーディネートを楽しめますし、着て行く場所など、活用の幅も広がります。

こちらの記事では、浴衣を着物風に着てみたい!と思われているかたへ、以下の項目についてご紹介します。

  • 浴衣を着物として着る方法(浴衣と着物の違い)
  • 浴衣を着物風に着るために必要なアイテム
  • 着物として着ることのできる浴衣のタイプ

浴衣を着物として着る際のご参考になりますと嬉しいです。

スポンサーリンク

浴衣を着物として着る方法(浴衣と着物の違い)

浴衣と着物の着方の違いを知ることで、浴衣を着物として着る方法がわかります。

浴衣の着方が着物と違うところはこういったところです。

  • 襦袢を着ない(襟が見えない)
  • 帯揚げや帯締めなどの帯まわりの小物を使わない
  • 足袋を履かない(素足)


では、浴衣と着物の着方の違いについて写真で確認してみましょう☟☟。

<前からの着姿>

浴衣の着姿は、浴衣と帯(半幅帯や兵児帯など)だけのシンプルなもの。*写真では飾りに帯締めを使っています

一方、着物の着姿は、下に襦袢を着るので襟が見えていて、並幅の帯をお太鼓結びにするので、帯揚げと帯締めを使います。*お太鼓以外の結び方もあります

浴衣は下着を着ていたとしても素肌に直接着ているようでラフに見えてしまいますが、着物は襟と襦袢の重なりがある分きちんと感が出ます。また、帯まわりに小物を合わせる分、着物の着姿は華やかです。

<後ろからの着姿>

やはり定番の「お太鼓結び」は着物らしい着姿です。

半幅帯や兵児帯の結び方にはいろいろありますが、リボンの形はとても浴衣らしく思います。

前からの着姿に比べ、襟や帯まわりの小物は後ろからはちらっと見えるくらいでほとんど違いはありませんが、この帯の結び方で浴衣らしいさ、着物らしさが出てくるのだと思います。

<足元>

足元は浴衣のときは素足に下駄ですが、着物のときは足袋を履き、履物は下駄や草履を合わせます。

スポンサーリンク

浴衣を着物風に着るために必要なアイテム

浴衣と着物の着方の違いを知ると、浴衣を着物として着るために必要なアイテムがわかりますね(*^^*)。

浴衣を着物風に着るためには次のようなアイテムを用意しましょう。

  • 襦袢と半襟
  • 帯揚げと帯締め
  • 足袋
  • 帯(夏帯または夏用の半幅帯)

・襦袢と半襟


襦袢は着物の下に着るものですが、きちんとしたものを用意する必要はありません。

襟付き半襦袢や美容襟で代用できますよ(*^^*)。

☟襟付き半襦袢はこういったものです。

☟美容襟はこういったものです。

半襟は夏らしいものでお好きなものを取り付けてください(*^^*)。

☟半襟付けが楽にできる方法をご紹介している記事です。

・帯揚げと帯締め

帯揚げと帯締めは夏物がよいですが、そこまで気にしなくても大丈夫です。

帯揚げは淡い色、帯締めは通年使えるタイプの三部紐に夏らしい帯留めでも素敵です。

・足袋

夏らしい素材の足袋でしたら、麻素材のものがあります。

また、レースの足袋も涼しげで素敵です。

・帯

帯は夏物の半幅帯ですと、「お太鼓風」や「角だし風」などいろいろな変わり結びが楽しめるのでおすすめです。

もちろん、普通の夏帯(並幅)でもかまいません。

スポンサーリンク

着物として着ることのできる浴衣のタイプ

浴衣のデザインによっては、着物として着ることができるものとできないものがあります。

浴衣を選ぶときのポイントはこのような感じです。

  • 着物風に着られる浴衣☞柄や色使いがシンプル、変り織の生地
  • 着物風に着られない浴衣☞柄や色使いが大胆、平織りの生地

いかにも「盆踊り」風の浴衣は、着物風に着るのには不向きです。

実際に「平織りで大きな花柄」と「しじら織でシンプルな縞柄」の2種類の浴衣を着物風に着てみました☟☟。

合わせる帯は夏物の半幅帯で、絽(正絹)のリバーシブル仕立てのものをそれぞれ別の面を使って「二筋太鼓」に結んでいます。帯締めと帯揚げはそれぞれ変えています。足元はレースの足袋を履き、下駄を合わせています。

・平織り、大きな花柄の浴衣で検証

いかにも浴衣らしい柄付けと綿100%で平織りのペラペラした生地感が、襟や帯まわりの小物、そして足袋と合いません。

同じ綿素材でも「木綿の着物」というのはもっと厚手でしっかりとした生地ですので小物を合わせてもおかしいとは感じませんし、生地の薄さで言いますと絽などの夏物の方が透けるくらい薄いですので、「柄」と「織」が浴衣らしいものは着物風には着られないのかなと思います。

後ろ側からは襟や帯まわりの小物は気になるほど見えませんし、帯の結び方はいろいろですのでお太鼓風の結び方は悪くないと思います。

・しじら織、シンプルな縞柄の浴衣で検証

しじら織でシンプルな縞柄の浴衣は上品な印象ですので、小物を合わせても負けることはなく、着物風に着ても素敵です。

後ろ姿も帯枕を入れてボリュームを出したお太鼓風の結び方がとても合っています。

スポンサーリンク

『浴衣を着物として着るには?着物風に着る方法』まとめ

浴衣を着物として着るにはどうしたらよいか、浴衣を着物風に着る方法ご紹介しました。

浴衣を着物風に着るために必要なアイテム
  • 襦袢と半襟
  • 帯揚げと帯締め
  • 足袋
  • 帯(夏帯または夏用の半幅帯)


浴衣のデザインによっては、着物として着ることができるものとできないものがある。

浴衣を選ぶときのポイント
  • 着物風に着られる浴衣☞柄や色使いがシンプル、変り織の生地
  • 着物風に着られない浴衣☞柄や色使いが大胆、平織りの生地

どうぞ、浴衣を着物として着る際のご参考になさってください。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

\着物風にも着られる/

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しじら織り 女 浴衣(白に縞) S F L TLサイズ 綿麻 麻混 女物 浴衣 …
価格:4637円(税込、送料別) (2020/12/23時点)

楽天で購入

タイトルとURLをコピーしました