外出先での上着のたたみ方―袖だたみ

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『外出先での上着のスマートなたたみ方』についてお話しさせていただきたいと思います。

外出先で上着を脱いだとき、いつもただ何となくたたんでいただけでしたが、そのときの仕草があまり素敵ではないなと思っていましたし、きれいにたためてもいませんでした。そこで、立ったまま上着をたたむことのできる「袖だたみ」の練習をしてみることにしました。

スポンサーリンク

「袖だたみ」とは

着物を広げる場所がないときや、一時的にたたんでおきたいときに、立ったまま着物や上着をたたむ方法です。

安田多賀子さん監修の「着物のお手入れ・お直しの基本」という本を参考にしています。

「袖だたみ」の手順

今回練習に使う上着は、背身丈が94㎝の「道行コート」です。源氏香の柄が入ったすみれ色の道行コートは、訪問着や色無地の上に合わせてフォーマルなシーンで着ています。

広がらないように、前合わせのボタンを一つほど留めます。

左右の肩山同士、袖山同士を合わせます。

参考にした本の袖だたみの手順の説明では、着物と道中着が使われています。その場合はどちらも背中心が内側になるようにたたみますが、今回は道行コートですので、背中心は外側になるようにたたむことにします。

左手で袖付けの位置を持ちます。

左手はそのままで、右手で袖口とえり付けの位置を持ち、肩山で合わせます。

右手で肩山側を持ち、左手で裾を持ちます。

左手で持った裾を肩山へ持っていき合わせます。左手で袖下のあたりをそろえて、平らになるように整えます。

さらに半分の長さに折ります。

たたみ終えた後は

きれいにたたまれた上着は、腕にかけていても上品です。

バッグにしまうときも、スムーズに入れることができます。

羽織と違い、道行コートや道中着などの上着は屋内では脱ぐのがマナーですので、たたみ方を知っている方が良いですね。

おわりに…

本当にちょっとしたことですが、「袖だたみ」ができると着物を着なれている感が出ますし、そのスマートな仕草は着姿をよりきれいに見せてくれるような気がします。今回練習に使った道行コートは、来月に予定している長男の中学校の卒業式で着るつもりですので、さっそく覚えたての「袖だたみ」を活用できそうです。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

ブログランキング・にほんブログ村へ

☝ランキングに参加しております。クリックよろしくお願いいたします☺

タイトルとURLをコピーしました