鬼滅の刃<着物の柄の意味>模様に込められた願いと由来を知ろう

今話題の『鬼滅の刃』

吾峠呼世晴さんの漫画作品で、「劇場版ー鬼滅の刃ー無限列車編」が爆発的なヒットを飛ばしています。

コラボ商品も続々と発売されていて、「鬼滅の刃」の名前を見かけない日はないくらいです。

実は私は「鬼滅の刃」を知りません。チラッと見た程度ですが、興味がわかなかったので…。

ですが、着物好きにとっては、「鬼滅の刃」に登場するキャラクターたちの着物(羽織)の柄が気になるところ。

「鬼滅の刃」の主人公たちが着ている着物(羽織)の柄は、実は日本の伝統的な柄で、今現在着られている着物や帯などのデザインにもよく使われるお洒落な模様なのです。

そこで今回は

  • 竈門 炭治郎(かまど たんじろう)
  • 竈門 禰豆子(かまど ねずこ)
  • 我妻 善逸(あがつま ぜんいつ)
  • 冨岡義勇(とみおか ぎゆう)
  • 鱗滝左近次(うろこだき さこんじ)
  • 伊黒小芭内(いぐろ おばない)

6人が着ている着物(羽織)の柄の意味と由来についてお話しさせていただきます。

スポンサーリンク

「竈門炭治郎」の羽織の柄の意味

<市松(いちまつ

主人公の炭治郎が着ている羽織の柄は「市松」といいます。

市松模様は、2色の正方形を互い違いに並べた格子柄。

洋風にいうとチェック柄ですね。

意味:「子孫繫栄」

由来:❝ 柄が途切れることなく続いている ❞ことから、こう意味づけられています。

モダンな柄行で、着物や帯、半衿などの小物のほか、様々な和装品のデザインによく見られ、かっこいい系のコーディネートにピッタリです。

江戸時代の歌舞伎役者がはいていた袴から流行した柄で、「市松」の名前もその役者の名前から来ているそうです。

スポンサーリンク

「竈門禰豆子」の着物の柄の意味

<麻の葉(あさのは)>

主人公の妹、禰豆子が着ている着物の柄は「麻の葉」といいます。

麻の葉模様は、麻の葉の形を文様化した、六角形の菱形を結びつけたような幾何学模様です。

意味:「健やかな成長」「魔除け」

由来:麻は成長が早く、まっすぐ長く伸びることから、❝ 子どもの健やかな成長を ❞との願いが込められています。また、虫がつかないことから ❝ 神聖な植物 ❞とされていて、魔除けの意味もあります。

赤ちゃんの産着や子どもの着物の柄としてよく使われますが、着物や帯などのデザインにもよく見られ、コーディネートが女性らしい優しい雰囲気に仕上がります。

こちらも、市松模様と同じく、江戸時代の歌舞伎役者の衣装から庶民の間に流行したそうです。

「我妻善逸」の羽織の柄の意味

<鱗(うろこ)>

炭治郎の同僚、我妻善逸が着ている羽織の柄は「鱗」といいます。

鱗模様は、正三角形または二等辺三角形を上下左右に連続して並べた模様で、「蛇の鱗」に似ていることから鱗模様と呼ばれています。(写真は漫画のイラストに合わせて作られたものですので、実際の鱗模様とは少し違います)

意味:「厄除け」「再生」

由来:❝ 蛇が脱皮をする ❞ことから、厄を落とし、再生をするという意味があります。鱗には身を守る・固めるといった意味合いもあるようです。

帯や長襦袢(着物の下に着るもの)に使われることの多い柄行で、三角形を用いた幾何学模様は洒落感の強いコーディネートが楽しめます。

鱗は世界中で古くから見られる模様です。日本で衣装の模様として使われ始めたのは室町時代からで、武家の陣羽織や能装束などに使われていたそうです。

「冨岡義勇」の羽織の柄の意味

<亀甲(きっこう)>

鬼殺隊の「柱」のひとり、冨岡義勇が着ている羽織の柄は「亀甲」といいます。

その名の通り、六角形を並べた亀の甲羅のような模様です。亀甲を山の形に3つに組み合わせて繋いだ柄は「毘沙門亀甲(びしゃもんきっこう)」といいます。

意味:「長寿」「良縁」

由来:亀は長寿の象徴。また、縁結びで有名な出雲大社の神紋にも見られることから、良縁も意味します。

同じく長寿の象徴である「鶴」と並ぶ、とてもおめでたい柄です。

「鱗滝左近次」の羽織の柄の意味

<雲(くも)>

炭治郎の師匠、鱗滝左近次が着ている羽織の柄は「雲」といいます。

雲の柄にはその形によって「飛雲(ひうん)」「瑞雲(ずいうん)/霊芝雲(れいしぐも)」「雲取り(くもどり)」などがあます。

昔の人々は様々な形に変化して天候を左右する雲に吉凶の意味を持たせていたそうです。そうした「雲」は、縁起の良い柄とされています。

「伊黒小芭内」の羽織の柄の意味

<棒縞(ぼうじま)>

鬼殺隊の「柱」のひとり、伊黒小芭内が着ている羽織の柄は「棒縞」です。

「縞」にも縦縞、横縞、斜め縞(縦縞の1種)に格子縞まで、たくさんの種類がありますが、小芭内の着ている羽織の柄は、2色の筋が同じ幅の太い縞柄で「棒縞」といいます。(写真の2色の筋は同じ幅ではありませんが…)

「縞」が持つ意味は特に無いようですが、着物の柄としてはとてもポピュラーで、男女問わず「粋」な着こなしができます。

まとめ

「鬼滅の刃」のキャラクターたちが着ている、着物(羽織)の柄の意味と由来についてお話ししました。

  • 竈門炭治郎の<市松>は「子孫繫栄」
  • 竈門禰豆子の<麻の葉>は「健やかな成長」と「魔除け」
  • 我妻善逸の<鱗>は「厄除け」と「再生」
  • 冨岡義勇の<亀甲>は「長寿」と「良縁」
  • 鱗滝左近次の<雲>は「縁起の良い柄」
  • 伊黒小芭内の<棒縞>は「意味は無いけど粋な柄」

どの柄も日本の伝統的なもので、今現在着られている着物や帯、そのほか多くの和装品にもよく使われる、お洒落な模様です。

「鬼滅の刃」のブームのおかげで目に付く機会が増えましたが、着物の柄の意味や由来を知ると、コーディネートも、また鬼滅の刃の漫画自体もより楽しめますね。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

☟ランキングに参加しております。記事を気に入ってくださいましたら、クリックよろしくお願いいたします☺

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました