お直し【広えりをバチえりに】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『着物の広えりをバチえりに直す』という事についてお話しさせていただきたいと思います。

少し前にメルカリで購入したウールの着物。ウールなどの普段着用の着物は「バチえり」に仕立てるのが一般的であると思いますが、手元に届いたこの着物は「広えり」に仕立てられたものでした。着用前に一度洗濯をしたのですが、えり裏と肩あての汚れが落ちなかったので張り替えることに。ですが、普段に着用するのであれば「バチえり」の方が着るときの手間がかかりませんし、裏地を新しく用意する必要もありませんので、「広えり」を「バチえり」に仕立て直し、肩あては取ってしまうことにしました。

スポンサーリンク

こちらの着物をお直しします


メルカリで1,500円で購入したウールの着物。格子柄のカジュアルなデザインが普段着物にピッタリです。広えりに仕立ててあり、裏側には肩あてと同様に手ぬぐいが付いていました。

スポンサーリンク

裏地と肩あてを外す

えりつけ部分以外の3方の縫い糸をほどきます。

裏地をめくり下ろすと、このようになっています。

えりつけの縫い糸をほどかずに裏地を取り外そうと思います。えりつけの縫い目のすぐ上のあたりの裏地の横糸を何本か引き抜いていきます。

スカスカになった縦糸を切っていきます。

これで、えりつけの縫い糸をほどかずに裏地が取り外せます。その下側にある肩あても同じように取り外します。

かけえりを外す

かけえりは外えり側をくけている部分はそのまま残しておき、それ以外の3方の縫い糸をほどきます。

みつえりしんの始末

みつえりしんはただ挟まっていただけでしたので、えりつけ縫いしろにとじつけました。

さらに、前身ごろの縫いしろをみつえりしんにとじつけます。

くけしろを折る

くけしろを折ってアイロンで落ち着かせます。くけしろは背中心を含む左右のえり肩あきの範囲はえり幅が5.5㎝ですので、その倍の11.0㎝に0.1㎝を足した11.1㎝をとった残りとします。

えり先のくけしろは1.0㎝です。えり肩あきとえり先の間のくけしろはまっすぐにつながるようにします。

えり先の始末

えり先の始末をします。黒い線で囲った部分です。

えりつけの縫いどまりのえりのきせ山の裏から針を入れます。

えり下の折り山を0.2㎝すくいます。

えりのくけしろのきせ山をえり先に向かって0.2㎝すくいます。

最初の針の0.2㎝横のえりつけの縫いしろに針を戻して引き締め、裏で糸を結びます。

えりを一度返して裏側が出るようにし、できあがり線(白い矢印、えりつけの縫いどまりのライン)の0.5㎝先を縫います。この時、表えりの縫いしろは折り、裏えりのくけしろは広げたままにします。

えり先の縫いしろをできあがり線で裏えりの方に折ります。

裏えりのくけしろを折ってえり先の縫いしろにとじつけます。

*反対側のえり先も同じように始末します。

えりをくける

両方のえり先の始末が終わったら表に返し、内側でくけていきます。えり先のきせしろの間から針を出し、ひと針返してえり先をしっかりとめ、1㎝くらいの針目でえりつけ縫い目とえりの折山より0.2㎝内側を表に針目が出ないように本ぐけします。えり肩まわりは小針にくけ、くけ終わりも返しくけとします。

かけえりを直す

番号の順番に折ってアイロンで落ち着かせます。①かけえりの幅は本えりに重ねていって内側で0.1㎝出るようにします。②ほどかずにいた外えり側のくけどまりのところで折ります。③縫いしろの角を斜めに折り込みます。

内側をくけていきます。かけえりの折り山より0.1㎝内側と本えりのきせ山を1㎝弱の針目で本ぐけにします。

かけえりの端を折り山より0.5㎝入ったところで本えりに縫いつけます。

完成

広えりだったものがバチえりに変わり、汚れの落ちなかった肩あても外れてすっきりしました。

おわりに…

高校の授業で2度ほど浴衣を仕立てたときの事を思い出しながらの作業でしたが、ちゃんと仕上がるか不安ながらも意外に簡単にできました。また、普段に着用する着物でしたら、広えりよりもバチえりの方が断然着付けしやすいので、仕立て直しをして良かったです。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

☝ランキングに参加しております。記事を気に入ってくださいましたら、クリックよろしくお願いいたします☺

☝着物を着るなら、ぜひ持っていたい「絹用洗剤 シルクランドリー」。使用感も良く、私も愛用しています。レビュー記事もありますので、よろしければ、お読みください。

タイトルとURLをコピーしました