お直し【広衿をバチ衿にする】

広衿をバチ衿にする方法についてお話しさせていただきます。

こんにちは。当サイト管理人のユウミと申します。

少し前にメルカリで購入したウールの着物。

ウールなどの普段用の着物は「バチ衿」に仕立てるのが一般的であると思いますが、手元に届いたのは「広衿」に仕立てられたものでした。

普段に着用する着物は「バチ衿」の方が着るときの手間がかかりませんので、「広衿」を「バチ衿」に仕立て直すことにしました。

簡易的なお直しではなく、しっかりとしたバチ衿に仕立て直します。

スポンサーリンク

こちらの広衿の着物をバチ衿にします

メルカリで1,500円で購入したウールの着物。格子柄のカジュアルなデザインが普段着物にピッタリです。広衿に仕立ててあり、裏側には肩あてと同様に手ぬぐいが付いていました。

こちらのウールの着物は、着用前に一度洗濯をしています。よろしければ、そのときの記事も合わせてお読みください。

スポンサーリンク

裏地と肩あてを外す

衿つけ部分以外の3方の縫い糸をほどきます。

裏地をめくり下ろすと、このようになっています。

衿つけの縫い糸をほどかずに裏地を取り外そうと思います。「衿つけの縫い目のすぐ上のあたり」の裏地の横糸を何本か引き抜いていきます。

スカスカになった縦糸を切っていきます。

これで、衿つけの縫い糸をほどかずに裏地が取り外せます。その下側にある肩あても同じようにして取り外します。

スポンサーリンク

かけ衿を外す

かけ衿は「外衿側をくけている部分のみ」そのまま残しておき、それ以外の3方の縫い糸をほどきます。

スポンサーリンク

みつ衿芯の始末

みつ衿芯はただ挟まっていただけでしたので、「衿つけ縫いしろ」に縫いつけました。

さらに、前身ごろの縫いしろをみつ衿芯に縫いつけます。

スポンサーリンク

縫いしろを折る

縫いしろを折ってアイロンで落ち着かせます。「背中心を含む左右の衿肩あきの範囲」の衿幅は5.5㎝です。縫いしろは、その倍の11.0㎝に0.1㎝を足した11.1㎝をとった残りとします。

衿先の縫いしろは1.0㎝です。「衿肩あきと衿先の間の縫いしろ」はまっすぐにつながるようにします。

スポンサーリンク

衿先の始末

衿先の始末をします。黒い線で囲った部分です。

衿つけの縫いどまりの「衿のきせ山の裏」から針を入れます。

衿下の折り山を0.2㎝すくいます。

「衿の縫いしろのきせ山」を衿先に向かって0.2㎝すくいます。

最初の針の0.2㎝横の「衿つけの縫いしろ」に針を戻し、引き締めて裏で糸を結びます。

衿を一度返して裏側が出るようにし、できあがり線(白い矢印が指す衿つけの縫いどまりのライン)の0.5㎝先を縫います。このとき、表衿の縫いしろは折り、裏衿の縫いしろは広げたままにします。

衿先の縫いしろを「できあがり線」で裏衿の方に折ります。

裏衿の縫いしろを折って、衿先の縫いしろに縫いつけます。

*反対側の衿先も同じように始末します。

スポンサーリンク

衿をくける

両方の衿先の始末が終わりましたら、表に返し、内側でくけていきます。衿先のきせしろの間から針を出し、一針返して衿先をしっかりとめ、1㎝くらいの針目で「衿つけの縫い目」と「衿の折山より0.2㎝内側」を表に針目が出ないように本ぐけします。衿肩まわりは小針にくけ、くけ終わりは一針返します。

スポンサーリンク

かけ衿を直す

番号の順番に折ってアイロンで落ち着かせます。①かけ衿の幅は本衿に重ねていって内側で0.1㎝出るようにします。②ほどかずにいた外衿側のくけどまりのところで折ります。③縫いしろの角を斜めに折り込みます。

内側をくけていきます。「かけ衿の折り山より0.1㎝内側」と「本衿のきせ山」を1㎝弱の針目で本ぐけにします。

かけ衿の端を「折り山より0.5㎝入ったところ」で本衿に縫いつけます。

スポンサーリンク

完成

広衿だったものがバチ衿に変わりました。

おわりに…

高校の授業で2度ほど浴衣を仕立てたときの事を思い出しながらの作業でしたが、ちゃんと仕上がるか不安ながらも意外に簡単にできました。また、普段に着用する着物でしたら、広衿よりもバチ衿の方が断然着付けしやすいので、仕立て直しをして良かったです。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

☝ランキングに参加しております。記事を気に入ってくださいましたら、クリックよろしくお願いいたします☺

☝着物を着るなら、ぜひ持っていたい「絹用洗剤 シルクランドリー」。使用感も良く、私も愛用しています。

タイトルとURLをコピーしました