お直し【単衣の着物の肩幅と袖幅】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『単衣の着物の肩幅と袖幅を直す』という事についてお話しさせていただきたいと思います。

少し前にネットショッピングで購入した木綿の着物。既成サイズなので肩幅、袖幅がいつも自分用に誂えるものより、ほんの1~2㎝ずつですが大きいのです。少しの違いでも自分の体のサイズにピッタリ合っていた方が見た目にも良いですし、手持ちの長襦袢やうそつき袖を合わせて着られるので、お直しすることにしました。

こちらの着物をお直しします

『KIMONOMACHI』さんで購入した木綿の着物です。こちらのショップで取り扱っている木綿着物は、本当に素敵なデザインのものばかり。悩んだ末、 “インディゴブルー地にチロリアンのような刺し子模様” が大人可愛い、こちらの「紺色チロリアン」に決めました。

*よろしければ、合わせてお読みください。☞『お買いもの【木綿の着物】』

『KIMONOMACHI』さんの木綿着物はこちら☟から購入できます。

袖を取り外す

袖を一度、身ごろから取り外します。

身ごろ側と袖側にそれぞれ袖付け位置の印をつけておき、かんぬきどめを外します。

糸をほどき、袖を身ごろから取り外します。

袖の袖付け側の三つ折りミシン糸を全て外します。

身ごろの前側の身八つ口どまりから後ろ側の身八つ口どまりまでの三つ折りミシン糸を外します。

糸を外した縫いしろ部分にアイロンをあてて一度、平らにします。

袖を付け直す

袖を折り付けします。

袖の縫いしろをできあがり寸法に合わせて三つ折りにし、アイロンでおさえます。

身ごろ側の縫いしろは、まず、肩山はできあがり寸法で身八つ口どまりまではまっすぐ斜めになるように折ります。その後、袖付け縫いしろを肩山部分で0.5㎝出し、袖付けどまりまでまっすぐ斜めになるように三つ折りにしてアイロンでおさえます。

身ごろのほどいた部分の縫いしろを1.5㎝の針目で三つ折りぐけをします。

身ごろと袖を中表に合わせます。袖の縫いしろは開いた状態で身ごろと袖をそれぞれできあがり線で合わせ、一度しつけ糸で縫いとめます。*縫いしろが倒れている方が前袖側になります。

しつけした部分をミシンで縫います。しつけ糸を外し、糸端の始末をします。

縫いしろは0.1㎝のきせをかけて袖の方へ折ります。

ふりぐけをします。袖の袖付け側の縫いしろを1.5㎝の針目で三つ折りぐけをします。

かんぬきどめ

左右の袖付けの前後のあきどまり部分、合わせて4ヶ所に「かんぬきどめ」をします。

*手縫い糸1本どりです。

あきどまりから少し離れたところに裏から糸を出し、0.4㎝の針目でひとすくいします。

あきどまり側へ0.2㎝の間隔をあけて同じ針目でもうひとすくいします。

2本の糸とその下の生地を少しすくい、ボタンホールステッチの要領で何針か縫っていきます。

最後までいったら糸を後ろへ出し、玉どめします。

かんぬきどめがひとつできました。残りの3ヶ所も同じようにしましたら、肩幅と袖幅のお直しが完了です。

おわりに…

肩幅と袖幅のお直しはただまっすぐに縫うだけで範囲もそんなに広くなく、さらに、裏地の付いていない単衣仕立ての着物であれば、そんなに難しいものではありません。自分の体のサイズに合ったものを着るのは気持ちの良いものですし、これで手持ちの長襦袢やうそつき袖を合わせられますので、コーディネートにも困らなくなり一安心です。

*よろしければ、合わせてお読みください。

☞『6月の単衣にはレースのうそつき袖を』

☞『9月の単衣に合わせるうそつき袖』

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

☝和室にも洋室にも合うおしゃれなデザインの総桐仕上げの箪笥。安心の日本製で、下置き用と組み合わせて収納力をアップさせることもできます。

タイトルとURLをコピーしました