お買いもの【木綿の着物】

「木綿の着物」と言うとお出かけ着にはならない普段用の着物というイメージでしたが、素敵なデザインのものがたくさんあり、そのカジュアル感がかえって良い感じだなとまずは一着購入してみることに。「木綿の着物」とはどのようなものなのか、実際にいろいろ見ていきたいと思います。

着物でお菓子作り【バタークリームのカップケーキ】

着物で過ごす一日。本日は「お菓子教室」「お菓子の教科書」のレシピを参考にバタークリームのカップケーキを作りましたので、その作り方をご紹介させていただきます。卵黄を使ったコクのあるボンブ式バタークリームとミックスベリーソースをクルミ入りのマフィンにデコレーションした、大人のカップケーキです。

6月の単衣にはレースのうそつき袖を

単衣の着物用にレース生地でうそつき袖を作りました。レースの生地はとても上品ですし、透け感が軽やかで単衣の時期にはピッタリだと思います。単衣仕立てのうそつき袖は作るのが簡単で、さらにスナップボタンをつけて取り外しができるようにしました。

お直し【広えりをバチえりに】

少し前にメルカリで購入したウールの着物は広えり仕立て。着用前に一度洗濯をしたのですが、裏地と肩あての汚れが落ちなかったのでお直しすることに。普段に着用するものなので着る時の手間がかからず、裏地を新しく用意する必要のない「バチえり」に仕立て直しました。

着物でお菓子作り【バニラのパウンドケーキ】

着物で過ごす一日。本日は小嶋ルミ先生のレシピ本『知りたがりの、お菓子レシピ』より【バニラのパウンドケーキ】を作りましたので、その作り方をご紹介させていただきます。しっとりしていて軽やか、ふんわりとした口どけの他とはひと味違うパウンドケーキです。

着物でお出かけ【赤れんが庁舎】

着物を着てお出かけ。今回も母と一緒に札幌駅近くの赤れんがテラスに入っています「クグリド」の眺めの良い落ち着ける個室でランチをした後、お向かいの「赤れんが庁舎」にも初めて行ってみました。

お買いもの【かんざし屋WARGOの一本簪】

かんざし屋WARGOで購入した「一本堀写絵一本簪‐蓮華」を使った簡単にできる私の定番アップスタイルをご紹介させていただきます。肩下5㎝くらいのミディアムヘアをふんわりと片側に流した上品なシルエットのこのスタイルにはかんざしがとてもよく合います。