中秋の名月の意味を子どもに簡単に説明するには?十五夜をわかりやすく伝える方法をご紹介します

中秋の名月の意味を子どもに簡単に説明するにはどうしたら良いでしょうか。十五夜をわかりやすく伝える方法をご紹介いたします。


秋の行事の一つ、「お月見」。

小さな子どものいる家庭では、家族みんなでお月見を楽しむことが多いのではないでしょうか。

ところで、お月見は「中秋の名月」や「十五夜」などとも呼ばれますが、何か違いがあるのでしょうか。

子どもに「中秋の名月」や「十五夜」の意味について、ちゃんと説明してあげたいですよね(*^^*)。

こちらの記事では、「中秋の名月」や「十五夜」の意味について子どもに簡単にわかりやすく伝える方法をお探しのかたへ、以下の項目についてご紹介します。

  • 「中秋の名月」と「十五夜」の意味
  • ススキをお供えする意味
  • お月見団子を高く積む意味
  • 「中秋の名月」「十五夜」子どもへの簡単な説明の仕方

「中秋の名月」や「十五夜」の意味について子どもに簡単にわかりやすく説明するときのご参考になりますと嬉しいです。

スポンサーリンク

「中秋の名月」と「十五夜」は同じ意味

お月見は「中秋の名月」や「十五夜」などとも呼ばれますが、違いがわかりますか?

正解は、「中秋の名月」も「十五夜」も、同じものを指します。

中秋の名月と十五夜の意味
  • 中秋…旧暦の8月15日のこと
  • 名月…旧暦の8月15日の夜に見られる月のこと
  • 十五夜…旧暦の8月15日の夜のこと


旧暦では、7・8・9月を秋としていました。そのため、真ん中に当たる8月15日を「中秋(ちゅうしゅう)」と呼びます。

秋の季語である「名月」は、旧暦の8月15日の夜に見られる月のことを指します。この時期の月は、空気が乾燥しているためにくっきりと見え、地表からの高さも大気に邪魔されない、加えて、見やすい位置にあるため、一年で最もきれいに見えます。

旧暦では、月齢を基準とした太陰暦が使われていて、毎月15日の夜が満月となります。これが「十五夜」ですが、通常は8月15日の夜のことを指します。


【十五夜には何をするの?】

現代では、ススキを飾ったり、きれいな月を眺めたりしながら、食べ物への感謝と健康を願いつつ、お月見団子をいただくといったことをします。そして、それが「お月見」です。

お月見は、最初はただ美しい月を鑑賞するといった上流社会の間だけの風雅な催しでしたが、後に、庶民の間にも広がり、お米の収穫時期と重なるために「収穫祭」と結び付きました。

十五夜は、旧暦の8月15日に美しい月を眺めながらお供え物をし、無事にお米が収穫できたことへの感謝の気持ちと豊作の祈りを月の神様に捧げる行事でした。

農作業は月の満ち欠けに合わせて行われていたため、月の神様には五穀豊穣のご利益があるとされていたのです。

スポンサーリンク

ススキの意味は「依り代」「魔除け」

「中秋の名月」や「十五夜」にはススキが欠かせませんが、どうしてススキをお供えするようになったのでしょうか。

ススキをお供えするのにはこういった意味があります。

  • 神様を呼ぶ「依り代」としての稲穂の代わり
  • 魔除け


「依り代」とは神霊のよりつくもののことを言いますが、本来は稲穂をお供えするところ、時期的に稲穂がなかったために、形状の似ているススキをお供えするようになったということです。

また、それだけでなく、ススキをお供えするのは魔除けになると考えられていたからでもあります。

それは、ススキの切り口が鋭いため。

豊作祈願と合わせて無病息災の願いも込められていたのですね(*^^*)。

スポンサーリンク

お月見団子を高く積む意味は「月への思い」

「中秋の名月」や「十五夜」の行事食、お月見団子。

お月見団子は月の神様へのお供え物です。

お月見団子はピラミッド型に高く積みますが、それにはこういった意味があります。

最上部を高く積むのは、無事にお米が収穫できたことへの感謝の気持ちと豊作の祈りを月まで届かせたいという思いの表れ。


もともとは収穫のお祝いとして、お米をお供えしていたそうですが、江戸時代からは、お米の粉で月に見立てた丸いお団子を作るのが習慣になった、それが由来です。

お月見団子の数や並べ方には決まりがあります。

お月見団子は「三方」という名前の台の付いた器に乗せます。

スポンサーリンク

「中秋の名月」「十五夜」子どもへの簡単な説明の仕方

「中秋の名月」や「十五夜」を子どもへ簡単にわかりやすく伝えるために、このような説明ではいかがでしょうか。


「中秋」は昔のカレンダーで8月15日のこと。

昔のカレンダーでは8月15日がちょうど秋の真ん中。

「名月」は昔のカレンダーで8月15日の夜に見られる月のこと。

この時期に見られる月が1年で一番きれい。

月には作物の神様がいるとされている。

「十五夜」は昔のカレンダーで8月15日の夜のこと。

ススキを飾ったり、きれいな月を眺めたりしながら、食べ物への感謝と健康を願いつつ、お月見団子を食べる「お月見」をする。

ススキを飾るのは神様を呼ぶため。

ススキには悪いものを追い払ってくれる力もある。

お月見団子を高く積むのは願いをちゃんと月に届かせたいから。


どうぞ、パパやママ自身の言葉に変えて、お子さまに「中秋の名月」や「十五夜」の説明をしてあげてください(*^^*)。

スポンサーリンク

『中秋の名月の意味を子どもに簡単に説明するには?十五夜をわかりやすく伝える方法』まとめ

中秋の名月の意味を子どもに簡単に説明するにはどうしたら良いか、十五夜をわかりやすく伝える方法をご紹介しました。

「中秋の名月」「十五夜」説明ポイント
  • 中秋…旧暦の8月15日のこと。旧暦ではこの時期が秋で、ちょうどその真ん中に当たる。
  • 名月…旧暦の8月15日の夜に見られる月のこと。月が一年で最もきれいに見える。
  • 十五夜…旧暦の8月15日の夜のこと。「お月見」をする日。
  • お月見…ススキを飾ったり、きれいな月を眺めたりしながら、食べ物への感謝と健康を願いつつ、お月見団子をいただく行事。
  • ススキ…神様を呼ぶ「依り代」としての稲穂の代わり。魔除けの意味もある。
  • お月見団子…江戸時代からの習慣。高く積むのは願いを月まで届かせたいという思いの表れ。
  • …月の神様には五穀豊穣のご利益があるとされていた。

どうぞ、「中秋の名月」や「十五夜」の意味について子どもに簡単にわかりやすく説明するときのご参考になさってください。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました