十三夜の食べ物と意味は?何するといいの?十五夜との違いをご紹介します

十三夜の食べ物や十三夜の意味は何なのでしょうか。十三夜にもお月見を楽しむために、十三夜には何をすると良いか、十五夜との違いもご紹介いたします。


お月見をする日のことを「十五夜」と言ったりもしますが、「十三夜」というのもあります。

樋口一葉の小説など、作品のタイトルにも使われている、この「十三夜」。

「十三夜」の名前を聞いたことはあったとしても、十三夜の食べ物や十三夜の意味、十三夜には何をすると良いかまではよく分からなかったりしますよね。

せっかくですから、十五夜と十三夜の両方でお月見を楽しみたいものです(*^^*)。

こちらの記事では、十三夜の食べ物を知って十三夜にもお月見を楽しみたい!と思われているかたの以下の疑問にお答えします。

  • 十三夜にはどんな意味があるの?
  • 十三夜と十五夜の違いはなに?
  • 今年の十三夜はいつ?
  • 十三夜の食べ物はなに?
  • 十三夜の別名は?
  • 十三夜のお供え物はなに?
  • 十三夜のお月見団子の数と並べ方は?

十三夜にもお月見を楽しむ際のご参考になりますと嬉しいです。

スポンサーリンク

十三夜の意味は「感謝祭」

「後の月(のちのつき)」と呼ばれる十三夜も、十五夜と同じくお月見をします。

お月見の意味は、本来は「感謝祭」。無事にお米が収穫できたことへの感謝の気持ちと豊作の祈りを月の神様に捧げる行事です。

十三夜と十五夜の違い

十三夜と十五夜の違いは、このようになっています。

十三夜十五夜
日にち旧暦9月13日旧暦8月15日
由来宇多天皇もしくは醍醐天皇がルーツと言われている中国から入ってきた風習が収穫祭と結びついた

十五夜のお月見は、もともとは中国から入ってきた風習で、最初はただ美しい月を鑑賞するといった上流社会の間の催しでしたが、江戸時代には庶民の間にも広がり、お米の収穫時期と重なったために収穫祭と結び付きました。

一方、十三夜は日本で生まれた月見のならわしで、宇多天皇が9月13日を名月の夜と定めたからとか、醍醐天皇が9月13日に月見の宴をしたから、などと言われています。

旧暦では7・8・9月を秋としていて、この時期の月は、地表からの高さが大気に邪魔されない、加えて、見やすい位置にあり、空気も乾燥しているため、一年で最もきれいに見えるのです。(旧暦では、月の満ち欠けを基準とした太陰暦が使われていて、毎月15日が満月となります)

「二夜の月」「片見月」とは

「十五夜」と「十三夜」に見られる月、この二つを合わせて「二夜の月(ふたよのつき)」と言います。

どちらか片方の月しか見ないことを「片見月」または「片月見」と言い、縁起が悪いものとされています。

それだけでなく、十三夜にはロマンチックな意味もあって、「十五夜のあとの十三夜も一緒に過ごそう」という男女の恋のイベントだったとも言われているそうですよ(*^^*)。

今年の十三夜は「10月18日」

2021年のお月見日程です☟。

  • 十五夜…9月21日(火)
  • 十三夜…10月18日(月)

どうぞ、十五夜と十三夜の両方にお月見を楽しんでください(*^^*)。

スポンサーリンク

十三夜の食べ物は「栗と大豆」

お月見の食べ物と言いますと、「お月見団子」ですよね(*^^*)。

十三夜の食べ物は、お月見団子のほかにはどういったものがあるのでしょうか。

十三夜の「別名」を知ることで、十三夜の食べ物が分かります。

十三夜の別名は「栗名月」「豆目月」

十三夜は栗や大豆が収穫できる時期ですので、別名を「栗名月」「豆目月」と言ったりします。

ちなみに、十五夜の別名は「芋名月」。芋とは里芋のことを指します。

収穫祭である十三夜には、栗や大豆のほかにも、この時期に収穫できる秋の味覚をいただくと良いですよ(*^^*)。

十三夜の時期が旬の食べ物

十三夜の時期が旬の食べ物はこういったものです。

お米・栗・大豆・イモ類(里芋、じゃがいも、さつまいも、山芋)・かぼちゃ・レンコン・なす・白菜・大根・かぶ・ごぼう・きのこ(椎茸、しめじ、舞茸)・柿・梨・ぶどう・りんご
 

月の神様へお供えしたあとは、調理などをしておいしくいただきましょう(*^^*)。

調理法には定番の「炊き込みご飯」や「煮物」、「汁物」などがありますね。

また、卵を使ったり、丸く形つくったおにぎりやつくねなどを月やお月見団子に見立てたりするのも、十三夜のお月見の食べ物として良いと思います。

スポンサーリンク

十三夜のお供え物

十三夜も十五夜と同様に、お供え物をし、きれいな月を眺めながら、食べ物への感謝と健康を願います。

十三夜のお供え物はこういったものです。

  • お月見団子
  • ススキ
  • 栗・大豆(この時期に収穫できる野菜や果物)

【お月見団子】

お月見団子をお供えする習慣は江戸時代から始まったもので、お米の粉で月に見立てた丸いお団子を作るようになったそうです。お月見団子を高く積むのは、無事にお米が収穫できたことへの感謝の気持ちと豊作の祈りを月まで届かせたいという思いの表れです。

【ススキ】

ススキをお供えするのには、「神様を呼ぶ依り代である稲穂の代わり」と「魔除け」の意味があります。

【栗・大豆】

栗や大豆など、十三夜の時期に収穫できる野菜や果物もお月見団子やススキと一緒にお供えします。

それぞれにお供えの仕方がありますので、詳しくご説明します☟。

十三夜のお月見団子の数と並べ方

十三夜のお月見団子の数は13個、または3個です。

並べ方は、下段に3×3の9個を、上段に2×2の4個を積みます。

お月見団子の数と並べ方については、こちら☟の記事で詳しくご説明しています。


十三夜のお月見団子は「三方」という名前の台の付いた器に乗せるのが正式です。

三方は100均でも買えますし、お皿などを使って代用することもできますので、ぜひ、十三夜のお月見団子を素敵に飾ってください(*^^*)。

お月見団子を乗せる台「三方」については、こちら☟の記事で詳しくご説明しています。

ススキの飾り方

ススキは、正式には「瓶子」に挿しますが、自由に飾って大丈夫です(*^^*)。

3本や5本といった奇数が良く、秋の七草などを一緒に飾るもの素敵です。

お月見のお供え物の配置

お月見団子とススキと栗や大豆などの野菜や果物を一緒に飾るときには、配置が決まっています。

月から見て、左側にススキや野菜を、右側にお月見団子を配置します。


ススキの飾り方やお月見のお供え物の配置については、こちら☟の記事で詳しくご説明しています。

スポンサーリンク

『十三夜の食べ物と意味は?何するといいの?十五夜との違い』まとめ

十三夜の食べ物や十三夜の意味、十三夜には何をすると良いかなど、十五夜との違いも合わせてご紹介しました。

  • 十三夜の意味は「収穫祭」。
  • 十三夜の食べ物は「栗と大豆」。ほかにも、かぼちゃやさつまいもなど、この時期に収穫できる秋の味覚を食べると良い。
  • 十三夜も十五夜と同様に、お供え物をし、きれいな月を眺めながら、食べ物への感謝と健康を願う。

どうぞ、十三夜にもお月見を楽しむ際のご参考になさってください。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました