入園式・入学式の母親の着物ー40代ママ向けのコーディネートをご紹介

40代母親向けの入園式・入学式にふさわしい着物の選び方とコーディネート、髪型をご紹介させていただきます。

こんにちは。当サイト管理人のユウミと申します。

お子さまの入園式や入学式には着物で出席を、と考えている方もいらっしゃると思います。

最近では新調するにしてもレンタルするにしても、ネット注文をされる方も多いと思いますが、すべて自分で決めなければならないので、どれを選べばよいのか悩んでしまいますよね。

また、家族や親戚の着物を着る場合でも、この着物で大丈夫かな?と心配になることもあるかもしれません。

そこで、こちらの記事では

  • 40代母親向けの入園式・入学式にふさわしい着物選びのポイント
  • 40代母親向けの入園式・入学式の着物コーディネート
  • 40代母親向けの着物に合う髪型

をご紹介いたします。

どうぞ、お子さまの入園式・入学式に着る着物を選ぶときのご参考になさってください。

☟楽天でおすすめしたい宅配着物レンタルショップをご紹介しています。

入園式・入学式に母親が着物で出席することについて

お子さまの入園式や入学式に母親が着物姿で華を添えると、とても素敵ですよね。

私には3人の息子がいて、入園式や入学式を何度か経験していますが、毎回、着物を着て出席しています。

入園式・入学式に着物で出席するとなると、洋装に比べて準備も当日の身支度も大変なものですし、「目立ちたい」「意識が高そう」などといった着物を着ない人からの否定的な意見も聞きます。

ですが、入園式・入学式に母親が着物を着るのは、我が子を新しい環境へ華々しく送り出すという意味でも、また、そのとき過ごす特別な時間をより大切なものにするという意味でも、素晴らしいことだと思います。

40代母親向けの入園式・入学式にふさわしい着物

入園式や入学式にふさわしい着物は「訪問着」「付け下げ」「色無地」といったセミフォーマルに適用した着物です。

訪問着は上半身と裾に絵羽模様が入っている(柄が一枚の絵のように繋がっている)華やかな着物。訪問着・付け下げ・色無地の3つの中では1番格が高いです。入園式・入学式用にレンタルされているものの多くはこの訪問着で、人気の高い着物です。

付け下げは訪問着と似ていますが、裾の柄が繋がっていない分、豪華さは控えめです。

色無地は一色(黒以外)で染め上げた無地の着物。コーディネートが控えめに仕上がりますし、着用シーンや季節を選びませんので、入園式や入学式の着物としても着やすいです。

例外:紋付の江戸小紋は小紋ですが入園式・入学式に着て行けます。

40代母親向けの入園式・入学式の着物選びのポイント

40代母親向けの入園式・入学式の着物選びのポイントは明るい雰囲気ではあるが、色味のトーンを少し落とすということ

同じ「子どものセレモニー」でも、卒園式・卒業式とは違い、新生活への期待に満ちた入園式・入学式には明るい色味のコーディネートが合っています。

ただ、40代母親はあまり明るすぎるコーディネートをすると浮いてしまいますので、色味のトーンを少し落としたものにするとよいと思います。

また、年齢的なこともありますが、入園式・入学式の主役は子どもですので、母親が着る着物は派手になりすぎないよう、柄付けにも注意が必要です。

<着物の色味>

洋装の場合は白、ベージュ、淡いパステルカラーなど、春らしい色を着る場合が多いようですが、着物の場合も、明るめの色味のものが入園式・入学式の雰囲気に合っていてよいと思います。

とはいえ、入園式・入学式に着る着物の色に関する決まりごとはありませんので、ご自分の好みで選ぶことができます。

落ち着いた色味の着物を着る場合でも、帯や帯まわりの小物に明るい色を持ってくることで、雰囲気が変わります。(☟コーディネート実例もぜひご覧ください)

ただ、注意しなければならないのが、あまり明るすぎる色は40代母親には浮くということ。

真っ白は避け、きれい色はワントーン落としたものが年齢には合っていると思います。

さらに、子どもが主役ということを考え、派手な色も選ばないようにしましょう。

<着物の柄>

柄の無い色無地の場合は気にしなくてよいですが、訪問着の場合は注意が必要です。

ネットショップを覗いてみますと、着物は花柄が多く、帯は同じく花柄か、七宝や菱などの割付文様(ひとつの模様を上下左右に繰り返した柄)や扇などの古典柄が多いようです。

私が息子たちのセレモニーで実際に着ている誂え品の着物や帯も花柄や古典柄です。

入園式・入学式に着る着物の柄は、卒園式・卒業式に比べるといくぶん華やかでもよさそうですが、40代という年齢、子どもが主役ということを考えると、主張しすぎないのもがよいです。

  • 地色と柄の色のコントラストが強すぎないもの
  • 柄が大きすぎないもの
  • 柄がたくさん入りすぎていないもの

を選ぶとよいと思います。

<帯>

帯はどの着物の場合も「袋帯」を合わせるのが一般的です。結び方は「二重太鼓」にします。帯揚げと帯締めは金糸や銀糸の入った礼装用のものを使うのがよいです。

40代母親向けの入園式・入学式の着物コーディネート実例

40代の私が子どもの入学式で実際に着た(着る予定の)着物のコーディネートをご紹介させていただきます。

<明るい色味の訪問着>

ピンク色と白色の小花が描かれた訪問着。訪問着にしてはかなり控えめな柄付けです。

地色は薄いピンク色ですので、全体的には明るい色味の印象です。

30代の頃から着ている訪問着ですが、40代のうちはまだまだ着ようと思います。

30代の頃にこの訪問着を着ていたときには白地に花柄の袋帯を合わせていましたが、40代では同じ白っぽい帯でも地色が薄いグレーと落ち着いたトーンの袋帯を締めます。黒っぽい帯を使うと、より落ち着いたコーディネートになると思います。

40代前半という今の年齢と入学式に着るということから、帯揚げと帯締めには明るめの色を持ってきました。

白い半襟には白糸と金糸で小花の刺繡がしてありますが、控えめにしたいので「重ね襟」は使いません。

私は、髪が長いのでアップスタイルにしますが、簪はべっ甲調の明るい色味のものを挿します。

<落ち着いた色味の訪問着>

地色がグリーン系と落ち着いた色味の訪問着で、古典柄の扇が描かれています。

所々に金が使われていておめでたい席に合いますが、控えめな柄付けですので入園式・入学式にはピッタリです。

帯は先ほどと同じ、薄いグレー地に小花柄の袋帯です。着物が落ち着いた色味ですので、帯・帯揚げ・帯締めは明るめのものを合わせます。

半襟は白地に白糸で小花の刺繡がしてあるものです。こちらのコーディネートでも「重ね襟」は使いません。

ヘアアクセサリーも先ほどと同じ、べっ甲調の明るい色味の簪を挿します。

40代母親向けの着物に合う髪型

私は、着物を着るときの髪型を、コーディネートや着付けと同じくらい大切なものであると思っています。

この部分を手抜きすると、せっかくの着物姿が台無しです。

着物のときの髪型はミディアムやロングであればアップスタイルにするのが鉄則ですし、ベリーショートやおかっぱボブなどを除いて、ショートやボブでも何かしらのアレンジは必須であると思います。

❝ そのときのはやり ❞ や ❝ 自分の髪質・顔のかたち・雰囲気に合うかどうか ❞ などにもよりますので、どういった髪型がよいとははっきりと言えませんが、40代向けの着物に合う髪型で注意しなければならないのが…

  • トップにボリュームを出す
  • フワフワさせずにしっとりまとめる
  • ヘアアクセサリーは品のあるものを使う

といったことです。

着物に合う髪型を作るときにはボリュームを持たせるのがよいですが、年齢的に40代は髪にハリやコシがなくなってきますので、特にトップは意識的にボリュームを出した方がよいです。

コテやカーラーを使うのが難しければヘアアレンジ用のクッションを使われるとよいと思います。

また、毛先やおくれ毛を遊ばせすぎたり毛束をたくさん引き抜いたフワフワな髪型は若い方向けですし、ラフな印象も受けますので、入園式・入学式に40代の母親がする髪型としてはふさわしくありません

後ろ髪はしっとりとまとめ、前髪や顔にかかるサイドの毛束はワンカールするくらいが素敵だと思います。

ヘアアクセサリーは、若い方向けの大ぶりな花モチーフのものやキラキラしすぎるものなどは避け、パールがあしらわれたものなど上品なものを選ばれるとよいと思います。

ミディアム・ロングヘアのアップスタイルにはバチ型の簪がおすすめです。

「40代母親向けの入園式・入学式にふさわしい着物」まとめ

入園式・入学式にふさわしい着物は「訪問着」「付け下げ」「色無地」といったセミフォーマルに適用した着物。

新生活への期待に満ちた入園式・入学式には明るい色味のコーディネートが合っているが、40代母親が着る着物は色味のトーンを少し落としたものにするとよい。

入園式・入学式の主役は子ども。母親が着る着物は派手になりすぎないよう、色味や柄付けには注意が必要。

  • 派手でない色のもの
  • 地色と柄の色のコントラストが強すぎないもの
  • 柄が大きすぎないもの
  • 柄がたくさん入りすぎていないもの

を選ぶとよい。

40代母親向けの着物に合う髪型では

  • トップにボリュームを出す
  • フワフワさせずにしっとりまとめる
  • ヘアアクセサリーは品のあるものを使う

ということに注意する。

お子さまの入園式・入学式に着る着物を選ぶときのご参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

☟ランキングに参加しております。記事を気に入ってくださいましたら、クリックよろしくお願いいたします☺

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました