卒園式・卒業式で着る母親の着物ー色無地・訪問着とはどんなもの?

卒園式・卒業式で着る母親にふさわしい着物ー色無地・訪問着とはどんなものかご説明させていただきます。

こんにちは。当サイト管理人のユウミと申します。

子どもの卒園式・卒業式に母親が着る着物として選ばれることの多い「色無地」や「訪問着」はどういった着物でしょうか。

また、子どもの卒園式・卒業式で色無地や訪問着を着ようとした場合、新調するにしても、レンタルするにしても、店頭でお店の方に直接相談できれば問題ありませんが、ネット注文の場合は選び方やコーディネートに悩んでしまいますよね。

そこで、こちらの記事では

  • 卒園式・卒業式で着る母親にふさわしい着物ー色無地と訪問着について
  • 卒園式・卒業式で着る色無地と訪問着の選び方
  • 卒園式・卒業式で着る色無地と訪問着のコーディネート

についてお話しさせていただきます。

どうぞ、お子さまの卒園式・卒業式で着る着物を選ぶときのご参考になさってください。

☟楽天でおすすめしたい宅配着物レンタルショップをご紹介しています。

卒園式・卒業式に母親が着物で出席することについて

子どもの卒園式・卒業式に着物で出席する母親は少ないですよね。

私には3人の息子がいて、卒園式や卒業式を何度か経験していますが、やはり、かなり少数派でした。

卒園式・卒業式に着物で出席するとなると、洋装に比べて準備も当日の身支度も大変なものですし、「目立ちたい」「意識が高そう」などといった着物を着ない人からの否定的な意見も聞きます。

でも私は、卒園式・卒業式の「装い」として着物を選んだ母親を見かけると、そのとき過ごす特別な時間を大切なものにしたいという思いが伝わってきます。

それに何より、母親の着物姿は式に華を添えるという意味でも、とても素敵だと思います。

卒園式・卒業式で着る母親にふさわしい着物

卒園式や卒業式で着る母親にふさわしい着物は「訪問着」「付け下げ」「色無地」といったセミフォーマルに適用した着物です。

訪問着は上半身と裾に絵羽模様が入っている(柄が一枚絵のように繋がっている)華やかな着物。訪問着・付け下げ・色無地の3つの中では1番格が高いものになります。卒園式・卒業式用にレンタルされているものの多くはこの訪問着で、人気の高い着物です。

付け下げは訪問着と似ていますが、裾の柄が繋がっていない分、豪華さは控えめです。

色無地は1色(黒以外)で染め上げた無地の着物。コーディネートが控えめな雰囲気に仕上がりますし、着用シーンや季節を気にせず着られるので、卒園式・卒業式の着物としても選びやすいです。

例外:紋付の江戸小紋は小紋ですが卒園式・卒業式に着て行けます。

卒園式・卒業式で着る色無地と訪問着の選び方のポイント

卒園式・卒業式の着物選びのポイントは落ち着いた雰囲気にするということ

同じ「子どものセレモニー」でも、入園式や入学式とは違い、厳かな雰囲気の卒園式・卒業式には落ち着いた色味のコーディネートが合っています。

また、卒園式・卒業式の主役は子どもであって、母親が着る着物は派手になりすぎてはいけませんので、色味や柄付けには注意が必要です。

<着物の柄>

柄の入らない色無地の場合は気にしなくてよいですが、訪問着の場合は注意が必要です。

ネットショップを覗いてみますと、着物は「花柄」が多く、帯は同じく「花柄」か、七宝や菱などの「割付文様」(ひとつの模様を上下左右に繰り返した柄)や扇などの「古典柄」が多いようです。

私が子どものセレモニーで実際に着ている誂え品の着物や帯も花柄や古典柄です。

着物の柄付けによっては、卒園式・卒業式用とされているものでも、少し華やかすぎるかなと思うものもあります。

卒園式・卒業式は子どもが主役ですので、母親が着る着物の柄は主張しすぎないものがよいです。

  • 地色と柄の色のコントラストが強すぎるもの
  • 柄の大きすぎるもの
  • 柄がたくさん入りすぎているもの

は避けた方がよさそうです。

<着物の色味>

洋装の場合は黒・紺・グレーなどの黒っぽいものを着ることが多いようですが、着物の場合は特に決まりはありません。ご自分の好みや年齢に合ったものを選んでください。とはいえ、やはり、式の主役は子どもですので、派手な色は避けるべきです。

また、あまり白っぽいものですと卒園式・卒業式の雰囲気には合わない気がします。

明るい色味の着物を着る場合でも、帯や帯まわりの小物に落ち着いた色味を持ってくることで、卒園式・卒業式に合ったコーディネートになります。

<帯>

帯はどの着物の場合も「袋帯」を合わせるのが一般的です。結び方は「二重太鼓」です。帯揚げと帯締めは金糸や銀糸の入ったような礼装用のものがよいです。

<長襦袢>

淡い色の無地がよいです。薄い色のぼかしが入っていると、よりお洒落にコーディネートできます。

<半襟と重ね襟>

半襟は白色が一般的ですが、セミフォーマルであれば薄く色の付いたものや刺繍がされたものも使えます。重ね襟は使っても使わなくてもよいです。半襟のデザインと重ね襟の使用はコーディネートに合わせて、バランスをとってください。

<足袋>

礼装ですので「白足袋」を履きます。こはぜの枚数は礼装の場合は5枚とされていますが、好みで選んでよいそうです。

<上着>

「道行」または「道中着」を着ます。羽織の場合は色無地で一つ紋の入ったものや絵羽模様のタイプでしたら着ることができますが、あまり一般的ではありません。上着をお持ちでない場合はショールをお使いになるとよいと思います。

「袖だたみ」ができると、上着を脱ぐときのしぐさが上品です。

卒園式・卒業式で着る色無地と訪問着のコーディネート実例

私が息子たちの卒園式・卒業式で実際に着た(着る予定の)着物のコーディネートをご紹介させていただきます。

<色無地>

少し明るめの黄色系の色無地です。よく見ると地模様が入っています。

訪問着などの柄ものは着用シーンや季節を選びますが、柄の入らない色無地はそういったことを気にしなくてよいですので卒園式・卒業式にも着やすいです。

帯は薄いグレー地に小花柄が入った袋帯です。

色無地は襟もとのコーディネートが少し寂しくなりますので、重ね襟を使います。半襟は白地に白糸と金糸で小花の刺繡がしてあるものです。

重ね襟、帯揚げ、帯締めにピンク色を持ってきて統一感を出しました。

全体的に少し明るめのコーディネートですが、帯締めに着物と同系色でそれよりも濃い色味のものを使っていますので、落ち着いた雰囲気になっていると思います。

私は、髪が長いのでアップスタイルにしますが、簪は黒塗りのものを挿します。

<訪問着>

着物は地色がグリーン系と落ち着いた色味の訪問着で古典柄の扇が描かれています。

所々に金が使われていておめでたい席にはピッタリですが、柄付けは控えめですので卒園式や卒業式にふさわしいと思います。

帯は先ほどと同じ薄いグレー地に小花柄の袋帯です。黒っぽい帯も合うと思います。

帯が明るめですので、帯揚げと帯締めには濃いめの色を持ってきてコーディネート全体を引き締め、落ち着いた雰囲気にしました。

半襟は白地に白糸で小花の刺繡がしてあるもの。控えめにするために「重ね襟」は使いません。

ヘアアクセサリーも先ほどと同じ黒塗りの簪を合わせました。

☟重厚感、高級感のある黒塗りの台に迫力ある風神雷神の絵が繊細に描かれた「山中漆器」の簪です。デザインは他にもいろいろあり、お値段以上の品ですのでおすすめです。

「卒園式・卒業式で着る母親の着物ー色無地・訪問着」まとめ

「訪問着」は上半身と裾に絵羽模様が入っている(柄が一枚絵のように繋がっている)華やかな着物。卒園式・卒業式で着る母親の着物として人気が高い。

「色無地」は1色(黒以外)で染め上げた無地の着物。コーディネートが控えめな雰囲気に仕上がり、着用シーンや季節を気にせず着られるので、卒園式・卒業式の着物としても選びやすい。

厳かな雰囲気の卒園式・卒業式には落ち着いた色味のコーディネートが合う。

卒園式・卒業式は子どもが主役。母親が着る着物の色柄は主張しすぎないものがよい。

  • 地色と柄の色のコントラストが強すぎるもの
  • 柄の大きすぎるもの
  • 柄がたくさん入りすぎているもの
  • 派手な色

は避ける。

お子さまの卒園式・卒業式で着る着物を選ぶときのご参考になれば幸いです。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

☟ランキングに参加しております。記事を気に入ってくださいましたら、クリックよろしくお願いいたします☺

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました