大通公園~8月のお散歩~

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『スナップショットで見る今の大通公園の様子』についてお話しさせていただきたいと思います。

父から譲り受けた古い一眼レフカメラを首から下げ、着物を着て大通公園をのんびりお散歩。私の住むまち札幌市を代表するスポット「大通公園」の今の様子を、その日撮影してきた写真とともにお伝えできれば…と思います。



カメラ

父から譲り受けた一眼レフカメラ

本当はこのカメラを譲り受けたのは主人なのですが、長男の部活でバレーボールに打ち込んでいる様子を撮影しているうちに一眼レフカメラの魅力にとりつかれ、今は私が愛用しています。使い始めたのは昨年の12月からで、一眼レフカメラの知識もテクニックも持ち合わせてはいませんが、オートモードには頼らず、このカメラを使っての撮影を楽しんでいます。私のブログの記事の中で「大通公園のお散歩」に使っている写真は、すべてこのカメラで撮影したものになります。不出来なものばかりとは思いますが、どうかご容赦ください。

本日のお着物

「6月のお散歩」、「7月のお散歩」に続きまして、今月も同じ木綿の着物を着ました。6月は帯や小物は夏のものを合わせて、7月は襦袢なしで浴衣のようにコーディネートしましたが、8月の今回は正絹の半幅帯を合わせて「小春太鼓」という結び方を少しアレンジして結びました。20代の頃に購入したこちらの帯はリバーシブル仕立てになっていて、バラ柄の面は今の年齢には合わないかと最近ではほとんど使っていなかったのですが、木綿の着物になら不思議と抵抗なく締められ、お気に入りのコーディネートになりました。半えりは手芸店で購入したコットン素材の生地を半えりのサイズにカットしたものを使っています。

*『小春太鼓』の結び方はこちらのサイトを参考にさせていただきました。

この日の最高気温は22℃。お天気は薄曇りで暑くも寒くもなく、とても過ごしやすい日でした。それでも、日中、外にいて日が出た時や地下街を歩いた時はそれなりに暑かったので、襦袢や下着は夏のものを着ていて正解でした。

*私がこの日着用した木綿の着物は、こちら☟の【KIMONOMACHI】さんで購入したものです。他にも素敵な色柄がたくさんそろっていますので、よろしければご覧になってみてください。

*レビュー記事もありますので、よろしければ、合わせてお読みください。☞『お買いもの【木綿の着物】』

今の大通公園の様子

今の大通公園の様子をこの日撮りためたスナップショットと一緒に見ていきましょう。今回は大通公園の東端に位置する札幌市のシンボル「テレビ塔」をいろいろな角度から撮影してみたいと思います。

テレビ塔

いつもは他の被写体と一緒に、遠めに写り込ませるように撮影しているテレビ塔。近づいてテレビ塔だけをはっきりと写した写真はこれが初めてのような気がします。まずは電光時計の上方にある展望台へ行き、いつもの地上からとは違う大通公園の景色を見てみたいと思います。

テレビ塔の足元

テレビ塔入り口までの短いスロープには、その道に沿って寄せ植えの花壇がいくつか並んでいます。

花壇にはたくさんの種類の可愛らしい花がきれいに植えられていて、テレビ塔まで案内してくれているようです。

展望台の上から

エレベーターに乗り、地上から約90mの高さにある展望台まで来ました。テレビ塔とは反対、大通公園の西端にある「札幌市資料館」まで一望できるこちらの眺めは展望台へ上がらなければ見られないもので、いつも花や樹木できれいに整備されている大通公園は上からの眺めも美しいものでした。

西3丁目の噴水。大通公園にいくつか設置されている噴水の中でも、テレビ塔に一番近い位置にあるものです。15分間で1サイクルの水の動きはこの場所からでも分かります。

西4丁目の噴水。花びらが重なったようなフォルムと四方から吹き付けるダイナミックな水の動きが合わさったこちらの噴水は遠めから見ても素敵です。

西5丁目、聖恩碑。細長いフォルムの聖恩碑が樹木の間からきれいにのぞくように見えます。

西13丁目、札幌市資料館。趣のある外観の札幌市資料館は、遠くからでもその雰囲気が伝わります。ここからでは分かりませんが、資料館の前には素晴らしいバラ園が広がっていて、先月のきれいなバラを眺めながらのお散歩を思い出しました。

正面の窓から右わきへ目を落すと見つけた花時計は、テレビ塔の真横にあるNHK札幌拠点放送局の駐車場にあるものです。この場所に来ることがなければ、こんなに可愛らしい花時計の存在に気付くことはなかったでしょう。

裏側の景色

テレビ塔の裏手には創成川が流れ、その川沿いはきれいに整備された公園になっています。遊歩道にはベンチが置かれていたり、水辺まで降りて行けるような階段が設けられていたりと、こちらも札幌市の素敵なスポットになっています。

実はこの「創成川公園」を知ったのはつい最近で、少し前に「ファビュラス」というお店にカフェめぐりに行った帰りに通りかかってから、ずっと気になっていたのでした。あの、白いリング状のものは何でしょうか…。

*よろしければ、合わせてお読み下さい。☞『着物でぶらっと札幌市内のカフェめぐり【ファビュラス】』

というわけで、テレビ塔を出て近くまで来てみました。展望台から見えたあの白いリング状のものは西野康造さんの「スノーリング」という作品で、円形の橋になっていました。

その「スノーリング」の上からテレビ塔の後ろ姿を撮影。テレビ塔自体は表の顔とさほど変わらないようですが、裏手側から撮るテレビ塔は一緒に写り込む周りの景色がいつも見るものとは違い、何だか特別感があります。

今月の一枚

気が付けば、テレビ塔を前にその姿を眺めたり写真撮影をしたりしている人々をひっきりなしに見かけます。東京タワーやスカイツリーのように高くはなくても、やはり「テレビ塔」は札幌市の象徴的な存在なのだなと改めて感じることができました。今月の一枚は、寄せ植えの花越しにテレビ塔を見つめる人々を写したこちらの写真にしたいと思います。

おわりに…

テレビ塔の展望台へ上がったのは三男が生まれる数年前、長男と次男と一緒に来た時以来でした。その時はさらっと眺める程度で終わってしまった景色も、今回はカメラのレンズ越しにじっくりと楽しむことができました。夏の終わり、秋を感じさせる空気が漂い出した大通公園のお散歩でしたが、展望台からの眺めも季節によってまた違ったものになるのでしょうね。来月のお散歩も楽しみにしたいと思います。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。



☝JALで行く格安国内旅行で、楽しいひとときを…。オンライン予約なら、もっとお得に♪。

タイトルとURLをコピーしました