お買いもの【かんざし屋WARGOの一本簪】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『かんざし屋WARGOの簪』についてお話しさせていただきたいと思います。

私の髪は肩下5㎝くらいのミディアムヘアで和装のお出かけスタイルの時にはいつもアップにして、かんざしをさします。お気に入りのかんざしはいくつか持っていますが、久しぶりにひとつ新しく手に入れましたので、私のかんざしを使った簡単にできる定番アップスタイルと合わせてご紹介します。

☝プチプラなのに保湿成分がたっぷりと入っている「椿ちゃん 保湿ヘアクリーム」。こちらを使い始めたおかげで、着物スタイルのときのヘアセットが良い感じになりました♪

かんざし屋WARGOの一本簪

インターネットで「かんざし」と検索して出てきた【かんざし屋WARGO】。商品ページを眺めていてこちらの「一本堀写絵一本簪‐蓮華」という商品に目がとまり、購入することにしました。

花モチーフのものは上手に選びませんと私の年齢では華美になりすぎてしまいますが、こちらの蓮華モチーフのかんざしはしっとりとした上品な華やかさがあり、大人の女性がつけるのに素敵なデザインだと思います。「紅檀」という素材が使われていて、深みのある色合いと光沢感は使い込むとさらに独特の風合いが出てくるそうです。職人さんがひとつひとつ手彫りして作られたところも魅力的です。

私の定番アップスタイル


和装の時のアップスタイルと言えばお団子ヘアという感じでしょうか。でも、私は頭の形に自信がないのでひっつめたようなスタイルは苦手で、それに、何となくお若い方に似合うスタイルのような気がして、年齢的にも合わないかなと敬遠してしまうのです。このアップスタイルはもう何年もの間の私の定番で、ふんわりと片側に流すシルエットが上品な感じがしてとても気に入っています。そして、やはりこのアップスタイルには「かんざし」が欠かせません。

つくりかた


最初に髪全体をコテで巻きます。顔にかかる両サイドの毛束は外巻きにし、この部分はまとめません。


髪を二つのブロックにわけます。


下側の小さなブロックの毛束をきつめの三つ編みにします。


毛先まで編んでゴムで結びとめます。


上側の大きなブロックの髪はざっくりとななめ下方向に編みこみをしていきます。


毛先まで編んでゴムで結びとめます。


大きなブロックの髪でつくった編みこみの毛先を内側へ巻き込んでピンで何ヶ所かとめ、固定します。コンパクトになりすぎないよう、ふんわりとつくります。


小さなブロックの毛束でつくった三つ編みで小さめのうずまきをつくり、ピンで固定します。


髪を少しずつつまんで引き出し、バランスを整えます。私は耳の上に髪が少しかかるようにしています。


三つ編みでつくったうずまきの部分にかんざしをさして完成です。

仕上がりは


前から見たところ。


横から見たところ。


後ろから見たところ。

蓮華が耳の後ろあたりの低めの位置で花開きます。大きさもちょうど良く、主張しすぎないのに、でも、ちゃんと存在感があります。木材の色合いや質感も素敵です。

おわりに…

ネットショッピングなので購入前に試着することができなく、どのような感じになるか想像するしかありませんでしたが、あまりにもイメージ通りでびっくりしました。和装のコーディネートには欠かせないかんざしですが、この蓮華のかんざしはこれから大活躍してくれそうです。素敵なかんざしをたくさん取り扱っているかんざし屋WARGOさん、お気に入りのものを増やしたいと思った時には、また覗いてみようと思います。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

☝私も愛用している「KIMONOMACHI」さんの木綿着物は、どれも本当に素敵なデザインばかり。木綿の着物は、その着心地の良さや、ホームクリーニングできる手軽さも魅力的です。正絹の着物とはまた違ったおしゃれが楽しめます♪。レビュー記事もありますので、よろしければ、お読みください。

☞『お買いもの【木綿の着物】』

タイトルとURLをコピーしました