着物を長襦袢なしで着るには?代用品や安く用意する方法をご紹介します

着物を長襦袢なしで着るにはどのような方法があるでしょうか。着物を着るときの長襦袢の代用品や、長襦袢を安く用意する方法をご紹介いたします。

こんにちは。

『ユウミ キモノブログ』管理人の

ユウミと申します。

着物を着るときには、着物のすぐ下に「長襦袢」を着ます。

着物との重ね着のお洒落を楽しめたりして良いのですが、この長襦袢、ちょっと厄介な存在だと思いませんか?

着物と長襦袢の寸法が合っていないと、着物の袖口やふりから長襦袢の袖が飛び出たりして、かっこ悪いんですよね。。

持っている着物がすべて同じ寸法であれば長襦袢を着回せるのですが、なかなかそうはいかない場合もあると思います。

それに、ちゃんとした長襦袢はお値段がそれなりにしてしまうので、そこまで頑張る余裕がなかったりもします。

こちらの記事では、着物を着るときの長襦袢の用意を少しでも楽にしたい!と思われているかたへ、以下の項目についてご紹介します。

  • 長襦袢の役割
  • 着物を襦袢なしで着る方法ー衿付き半襦袢
  • 着物を襦袢なしで着る方法ー美容衿
  • 長襦袢を安く用意する方法

着物を長襦袢なしで着る場合や、長襦袢を安く用意したい場合のご参考になりますと嬉しいです(*^^*)。

スポンサーリンク

長襦袢の役割

長襦袢は和服用の肌着で、肌襦袢と着物の間に着るものです。

長襦袢はこういった目的で着ます☟。

  • 防寒
  • 汚れ防止
  • すべりを良くし、動きやすくする
  • 着物との重ね着のお洒落を楽しむ

着物の下に長襦袢を一枚重ねて着る事で防寒対策になります。

着物と同じ形、同じ大きさのものを下に着ることで、皮脂などの汚れが着物に付かないようにするといった役割もあります。

また、着物を着たときは脚の開き具合に制限がかかって動きにくく感じますが、すべりの良い素材の長襦袢を下に着ることで、足さばきが良くもなります。

長襦袢は着物の袖口やふりから見えるので、着物との重ね着のお洒落を楽しめます!

スポンサーリンク

着物を長襦袢なしで着る方法

着物を長襦袢なしで着るには、こういった方法があります☟。

  • 衿付き肌襦袢で代用する
  • 美容衿で代用する

着物の衿からは、本来であれば長襦袢に取り付ける「半衿」が見えるのが必須ですので、「長襦袢を着ているように見せるアイテム」を代用品として使います。

それぞれについて詳しくご紹介します(*^^*)。

衿付き肌襦袢で代用する

肌襦袢に衿が付いているから一石二鳥!

衿付き肌襦袢とはこういったものです☟。

衿付き肌襦袢は、肌襦袢と長襦袢が合わさったようなものです。

半襦袢ですので、裾除けを組み合わせて使うことになります。

「筒袖」になっているので、着物の寸法を気にする必要がありません。

衿の部分は長襦袢と同じで、自分の好きな半衿を付けることができますよ(*^^*)。


かしこまった場所に着物を着て行くのでなければ、この衿付き肌襦袢を長襦袢の代用品として使うのでじゅうぶんです。

もし、着物の袖口やふりから長襦袢の袖が見えないのが気になるようでしたら、「うそつき袖」というものを合わせて使うと良いですよ(*^^*)。

着物を着てしまえば、長襦袢を着ているように見えます。

うそつき袖は衿付き肌襦袢、または着物の肩のあたりに取り付けるようにします。

衿付き肌襦袢は綿素材ですので、ホームクリーニングができるのが嬉しいです(*^^*)。

美容衿で代用する

手持ちの肌着に合わせられるから簡単!

美容衿とはこういったものです☟。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美容衿 京にしき 仕立衿 うそつき衿 袷用 夏用 日本製 和装小物 着付小物 着…
価格:1518円(税込、送料別) (2021/7/4時点)

楽天で購入

美容衿を使う場合は、肌襦袢などを着た上にこの美容衿を付けるようにします。

美容衿は衿芯を入れる必要がなく、長襦袢の代用品として使えば、衿もとがとてもきれいに仕上がります。

美容衿はそのままでも使うことができますが、自分の好きな半衿を付けても良いです。

先ほどの衿付き肌襦袢と同様に、「うそつき袖」を使うと、着物を着たときには長襦袢を着ているように見えますよ(*^^*)。

スポンサーリンク

長襦袢を安く用意する方法

長襦袢を安く用意するには、既製品の安い長襦袢や二部式長襦袢を買って、自分でお直しする方法があります。

長襦袢を誂えるより安く済むのが嬉しい!

ポリエステル素材にはなりますが、楽天市場なら、2,000円程度で長襦袢が買えます☟。

二部式長襦袢もあります☟。

こういった既製品の長襦袢や二部式長襦袢を、手持ちの着物のサイズに合わせて自分でお直ししたり、袖を先ほどご紹介した「うそつき袖」に付け替えたりすると、手間はかかりますが、値段が安く済むので良いと思います。

既製品の長襦袢や二部式長襦袢はつくりが簡単にできていますので、裁縫の得意なかたであれば、難なくできると思いますよ(*^^*)。

もちろん、半衿は自分の好きなものに付け替えることができますし、ホームクリーニングもできます。

長襦袢を誂える場合ですと数万円はかかってしまいますが、それに比べるとはるかにお安く済むので、着物に合わせて用意しやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

『着物を長襦袢なしで着るには?代用品や安く用意する方法』まとめ

着物を長襦袢なしで着るための長襦袢の代用品や、長襦袢を安く用意する方法をご紹介しました。

着物を長襦袢なしで着る方法
  • 衿付き肌襦袢で代用する
  • 美容衿で代用する
長襦袢を安く用意する方法
  • 既製品の安い長襦袢や二部式長襦袢を買って自分でお直しする

どうぞ、着物を長襦袢なしで着る場合や、長襦袢を安く用意したい場合のご参考になさってください。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました