浴衣の着方ー襟は左右どっちが上?覚え方もご紹介!

浴衣の着方について。襟は左右どちらが上か、覚え方も合わせてご紹介いたします。

こんにちは。

『ユウミ キモノブログ』管理人の

ユウミと申します。

夏の花火大会などのイベントには浴衣を着る、というかたはけっこういらっしゃるのではないでしょうか。

浴衣を着て出かけると、雰囲気も出てより楽しめますよね(*^^*)

また、温泉旅行で旅館に泊まる際などでも、浴衣を着る機会があると思います。

でも、着なれていないと、いざ浴衣を着ようとしたときに襟はどちらが上だったか、着方が分からなくなりますよね。。

そこで、こちらの記事では、浴衣の着方を知りたいかたへ、次の項目についてご紹介させていただきます。

  • 浴衣の襟は左右どちらが上?
  • 浴衣の襟合わせの覚え方
  • 浴衣の分かりやすい着方のおすすめ動画
  • 襟をきれいに見せる秘密
  • 浴衣を着るときの下着
  • 「補正」について

どうぞ、浴衣を着るときのご参考になさってください。

スポンサーリンク

浴衣の襟はどっちが上?…正解は『左』!

ズバリ、浴衣の襟は『左』が上です。

これは、男性も女性も同じで、もちろん、着物を着るときも左襟が上になります。

ちなみに、この左の襟が上になることを「右前」と言います

これは、右側を左側より前に(先に)体に巻きつけるためです。

でも、右前と左前どっちだったか、また、着付ける順番なのか着付けた後の状態のことなのか、よけいに分からなくなりそうですよね。。

なので、シンプルに「左襟が上」でよいと思います。

もし、間違えて逆にしてしまうと、亡くなったかたに着せる「死装束」と同じになってしまいますので、注意が必要です。死装束として着物を選んだ場合には、宗派にもよりますが、一般的には左前にします。これは、この世とあの世は真逆の関係にあるので、現世と死後の世界を区別するためと言われています。
次では、そういった間違えをしないための、浴衣の襟合わせの覚え方をご紹介します☟。
スポンサーリンク

浴衣の襟合わせの覚え方

私が着物を着始めた頃に祖母に教えてもらった襟合わせの覚え方をご紹介させていただきます。

着物(浴衣)を着たときの所作で、着物の端を押さえるというのがあります。

階段を上るときや椅子に座るときなどに、上に重なった方の着物の裾が地面に付かないように着物の端を手で押さえます

このとき、利き手(右手)を使うので、必然的に襟は左側が上になります。*右利きの人が大多数ということでお話しさせていただきます。


着物の端を押さえるのは利き手(右手)

☟☟☟

『左襟が上』


と覚えましょう。

これを教えてもらってからは、迷うことも間違えることもありませんので、ぜひ活用してみてください(*^^*)。

「左襟が上」ということと「襟合わせの覚え方」が分かったところで、次は浴衣の着方についてです☟。

スポンサーリンク

浴衣の着方

YouTubeには浴衣の着方についての動画がたくさんありますが、どれを参考にしてよいか分からない!というかたは、ぜひ、「木ノ花」の閑月先生の動画を見てみてください。

半幅帯の素敵な結び方がたくさん!

分かりやすいので、私もいつも勉強させていただいています。

閑月先生は神楽坂にある「木ノ花」という木綿着物を扱うお店の代表をされています。

インスタグラムを通じて一度ご挨拶をさせていただきましたが、着物を着て過ごすことの楽しさや、普段着物の良さを発信されている、とても素敵なかたです。

☟初心者さんでも着やすい着付けのやり方を分かりやすく説明してくださっていますので、よろしければご覧になってみてください(*^^*)。

動画では着付けのやり方について着物で説明されていますが、浴衣も同じです。

スポンサーリンク

人と差が付く着付けのポイント

湯上りに着る浴衣であれば気にしなくてよいのですが、お洒落着としてちょっと気合いを入れて着たいのであれば、これをやれば周りの人と差が付く!というポイントをご紹介させていただきます(*^^*)。

襟をきれいに見せる秘密

着物の襟がピシッときれいに見えるのは、着物の下に着る長襦袢に付いている半襟に「襟芯」をしのばせているからです。

この「襟芯」を浴衣を着るときにも使って、襟をきれいに見せましょう。

浴衣の場合は長襦袢を着ませんので、襟芯をしのばせる場所は掛け襟(上に重なっている方の小さな襟)の裏側です。

縫い目を少しだけほどいて、隙間から襟芯を差し込みます。

「襟芯」はこういったものです☟。ネットショッピングでも購入できますし、呉服屋さんには必ず置いてあります。


比べてみると…

襟がピシッとしているときちんとした印象になりますし、襟抜きもしっかりと決まります。

ちょっとの差が、実は大きく差が付くポイントなのですよね!

浴衣を着るときの下着

浴衣を着るときの下着って悩みませんか?

一番の悩みどころは、ブラジャーなのではないでしょうか。

和装のときにはバストを平らにすると着姿がきれいに見えるのは皆さまご存知と思いますが、和装用のブラジャーがどういったものかは、あまりピンとこないかたもいらっしゃるかもしれません。

和装ブラはバストを平らにしつつしっかりと固定する目的で付ける、和装に適したブラジャーです。

この、「平らに」というのがポイント。

洋装用のブラ(ワイヤーが入っていてもいなくても)や、スポーツブラ、ナイトブラなどはどれもバストのふくらみを保ちつつ固定するといったものです。

和装ブラには丸いカップなどは付いていなく、上から押さえてバストのふくらみを無くす感じですので、他のブラジャーでは代用ができません。

この和装ブラをきちんと身に付けることで、浴衣を着たときの着姿がきれいに見えます。

せっかく素敵な浴衣をお持ちなのであれば、和装ブラもちゃんとしたものをひとつ用意されるとよいと思いますよ(*^^*)。

私のおすすめは、和装ブラとスリップが合わさった「レースのスリップブラ」です☟。

浴衣の下はこれ1枚で済みますので、めんどうなことはありませんし、スッキリと着られます。

幅広レースの肩ひもが可愛いんです!

☟レビュー記事もありますので、よろしければ合わせてお読みください(*^^*)。

なにはともあれ「補正」をしよう

補正って、よく分からないしちょっとめんどうな感じがしますが、絶対にした方がよいです。

「補正」をした方がよい理由
  • 着姿がきれいに見える
  • 着付けがしやすい
  • 帯が結びやすい
  • 着くずれしにくい

こんなにいいことずくめなら、補正をしないわけにはいきませんよね。

補正のやり方はいろいろとありますが、胴回りにくびれができないようにご自分の体型に合わせた厚みのタオルなどを、少なくても「バストの下」と「腰」の2ヶ所に当てるとよいです。

ちなみに、私は4ヶ所に補正をしています。

詳しいやり方は、よろしければこちら☟の記事をお読みになってください。

スポンサーリンク

「浴衣の襟は左右どっちが上?覚え方は?」まとめ

浴衣の襟は『左』が上(右前と言う)

・覚え方は、着物の端を押さえるのは利き手(右手)『左襟が上』

<人と差が付く着付けのポイント>
  • 掛け襟の裏側に襟芯をしのばせる
  • 和装ブラを付ける
  • 補正をする

浴衣を着るときのご参考になりましたら嬉しいです(*^^*)。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました