お手入れ【半えり】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『半えりのお手入れの仕方』についてお話しさせていただきたいと思います。

半えりのお手入れはいつも自分でしていますが、「着物のお手入れのこと」という記事でもお話しさせていただいた通り、改めて正しい方法を確認したいと思います。*安田多賀子さん監修の「いちばんやさしい着物のお手入れ・お直しの基本」という書籍を参考に、私なりに少し変えてやっています。

*着物のお手入れについてまとめた記事がありますので、よろしければ、合わせてお読みください。☞『着物のお手入れのこと』

☝着物を着るなら、ぜひ持っていたい「絹用洗剤 シルクランドリー」。使用感も良く、私も愛用しています。レビュー記事もありますので、よろしければ、お読みください。

『お手入れ【絹用洗剤を使う】』

手洗いか洗濯機洗いか

素材やデザイン、お出かけ用の大切なものなのか、普段使いのものなのかで手洗いするものと洗濯機洗いするものを分けています。

  • 手洗い⇒絹素材、刺繍などの繊細なデザイン、お気に入りのもの
  • 洗濯機洗い⇒綿素材、普段家で着る時用のもの

*今回は手洗いの仕方について確認したいと思います。

半えりを手洗いする

汚れをチェック

上は東レ シルック(ポリエステル)、下は絹の半えりです。首筋に触れる部分はどうしても汚れやすいですよね。これはまだお出かけの時に短時間使用したものなのでそれほどでもありませんが、一日中使ったものや夏場に使ったものなら、黒っぽく線で書いたような汚れが付きびっくりします。これが着物に付いたものだと考えると恐ろしいですね。やはり、半えりや長襦袢は汚れ防止としても重要な存在なのだな…と改めて感じます。

洗う

お世話になっている呉服屋さんで半えりを洗うなら洗顔石鹸を使うのが良いと聞いてからはずっと洗顔用の石鹸で洗濯しています。確かに、首筋の汚れは顔と同じ種類ですものね。本でも洗顔用ではありませんが、固形タイプの石鹸を推奨しています。

一度ぬらしてから、汚れているところに直接、固形石鹸を付けます。

歯ブラシでこすります。

歯ブラシは筋状についた汚れを洗うのにサイズがちょうど良く、泡立ちも良くて洗いやすいと思いました。

すすぐ

何度か水を替えながらすすぎます。

本には書かれていませんが、軽くしぼった後タオルドライしました。

干す

陰干しします。

アイロンをかける

生乾きのうちに中温のアイロンを裏からかけます。

仕上がりをチェック

汚れはしっかり落ち、絹の風合いも損なわれてはいません。

今までも半えりは自分でお手入れしていましたが、洗う時にブラシは使っていませんでした。たとえ優しくでも布同士をこすり合わせて洗っていたのは生地を痛める原因にもなり、良くなかったな…と反省しています。

おわりに…

こんな感じかな?とやっていた半えりのお手入れでしたが、概ねやり方は正しかったので安心しました。これからの着物ライフに活かすことができれば…と思っています。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

☝和室にも洋室にも合うおしゃれなデザインの総桐仕上げの箪笥。安心の日本製で、下置き用と組み合わせて収納力をアップさせることもできます。

タイトルとURLをコピーしました