半えりテープを活用する


皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『半えりテープを使った半えり付け』についてお話しさせていただきたいと思います。

以前、たまたま知り合いに会った時に着物を着ていたのですが、その時「これは何か」と指をさされたのが半えりでした。着物を着ない方にとってはここが浴衣との違いで、また、一番目に付くところなのだな、と半えりの大切さに気付いたのでした。そして、着物を着る機会が増え、着物の準備、特に半えり付けが手間であると感じていた時に半えりテープの存在を思い出したのでした。

スポンサーリンク

半えりの種類

半えり付けの前に、半えりにはどのようなものがあるか、手持ちのもので見ていきたいと思います。

正絹のものになります。以前、いつもお世話になっている呉服屋さんで染め付け体験のようなイベントがありまして、その時、自分で色を入れさせていただいたものです。

東レシルックの地模様の入ったもの。

ポリエステル素材で刺繍の入ったもの。

ポリエステル素材のプリントタイプ。

夏用は透け感のあるもの。ポリエステル素材です。

正絹は見た目も使用感も良いのですが、やはり汚れやすい半えりはお手入れに気を使わなくて済むポリエステル素材やコットン素材のものの方が出番が多いです。

半えりではないものを半えりに

半えりとして売られているものではないものを半えりに使ったりもします。形にとらわれないおしゃれができるのが半えりの楽しいところですね。

手芸屋さんで見つけた古布。

手芸屋さんでメーター売りされていたコットン素材の生地。

正絹の帯揚げをピンキングバサミで半えりのサイズにカットしたもの。

*今回はこちらを使って半えりテープでの半えり付けをしてみたいと思います。

半えりテープ

*半えりテープはこちら☟の【GOKIGEN】さんで購入しました。

楽天市場で購入しようと見ていたら、いろいろなショップで同じものを取り扱っていました。その中で送料も含めお安いところ、とこちらにお願いしたのですが…。注文してから手元に届くまでとても早くて驚きましたが、さらにサプライズでお手紙も同封されていて。五十嵐さんご夫妻のお仕事に対する情熱や姿勢が素敵だな、と感じました。半えりテープは消耗品なので、次もこちらでと思っています。

半えりテープを使ってみる

基本的に手縫いで付ける時と同じようですが、そのやり方(片側の長辺を端から2㎝程折り、アイロンをかけてから付ける)だと、ポイント柄のデザインなどでは見せたい部分がうまく出ないので、私なりの方法で付けてみました。

柄の見せたい部分が出るよう考えて折り、軽くアイロンをかけます。

襦袢のえりを半えりで挟み、表側から付けます。まち針を打ち、

半えりテープを襦袢のえりのキワに貼り付け、

まず、背中心から固定。このあたりは平にせず弓なりになるようにしてみました。

あとは、少しずつ剥離紙を剥がしては、

半えりの縫い代を折り

テープに押し付ける、といった感じで最後まで貼り付けます。

表側の貼り付けが終わりました。

続いて裏側。同じく、襦袢のえりのキワにテープを貼り付け、

まず、背中心を固定。

えり肩あきまでは端の方向へ引っ張りながら貼り付けます。

両面、付け終わりました。

えり芯を入れる時に布をくしゅくしゅさせても問題ありませんでした。

着用したところです。このまま一日過ごしましたが、特に問題はありませんでした。

お洗濯をする際に剥がしますが、布が痛むといったこともなさそうです。ただ、ピンキングバサミでカットした部分がテープに触れてしまうとぼそぼそになってしまうので気を付けなければなりませんでした。

こんなにも簡単にきれいに付けることができるなんて、感動しました。何度か付け直した部分もありましたが、粘着力が落ちるということはありません。もう1〜2㎜程ずらしたいという場合、手縫いであればなかなかできませんが、テープなら手軽にできるところが嬉しいです。

おわりに…

おそらく、これから半えりを襦袢に付ける時は、付けたままお洗濯したい場合を除いて半えりテープを使うのだと思います。半えりテープを活用することで私の着物ライフがより快適なものになりそうです。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

☝「半衿用両面テープ」で半えりを付けるときの手間とストレスを軽減。私の着物ライフの必需品です♪。

タイトルとURLをコピーしました