着物と花のある暮らし【スプレーマム】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『季節の花を飾り、花のある暮らしを楽しむ』ということについてお話しさせていただきたいと思います。

花のある暮らしは本当に素敵ですね。私も、フラワーアレンジメント初心者ではありますが、たまに季節の花でアレンジをつくり、着物を着る生活とともに花のある暮らしを楽しんでいます。今回は、9月9日の『菊の節句』にちなんで、菊を使ったアレンジをつくりました。「桜」とともに日本の国花に挙げられる「菊」は、その花言葉通りの「高貴」なイメージで、和風アレンジがより凛とした雰囲気に仕上がります。

スポンサーリンク

花材

白色と赤紫色の2色のスプレーマムを使います。他に2種類の花がセットされて、1束570円で売られていたものです。

「葉もの」として、ツヤのある大きな葉が特徴の「タニワタリ」を使います。お値段は150円でした。

花器

今回のアレンジでは皿を使います。こちらの丸みのある四角い皿は100円ショップで購入したものです。大きさは縦19㎝×横19㎝×高さ3.5㎝です。

必要なもの

スプレーマムをいけるのに、ミニ剣山を使います。こちらも100円ショップで購入したものです。

このアレンジを参考に

森美保先生が監修・制作された「花1本からはじめる基本のフラワーアレンジ」という本の、「剣山の使い方」と「グリーン使いのテクニック」を参考にさせていただきます。

手順

タニワタリをカットします。長さは器の縁を半周するくらいです。

タニワタリの端を押さえるように剣山を置き、剣山よりも上の位置まで水を入れます。安定させるために、剣山の下にはキッチンペーパーを敷いています。

スプレーマムをそれぞれ短めに切り分けます。

スプレーマムの斜めにカットした茎を、まっすぐに立てて剣山の針に奥まで挿します。

茎を押さえながら斜めに傾けるようにして、手前に倒します。

タニワタリの縁に沿わせるようにして、残りのスプレーマムを同じように挿します。タニワタリの葉先はマスキングテープを使って器に留めています。

できあがりのサイズは幅27㎝×奥行き24㎝×高さ15㎝になりました。

おわりに…

仏花のイメージが強い「菊」ですが、小さな花びらが幾重にも重なった美しいフォルムは、上品な中にも可愛らしさがあり、他にも様々なアレンジが楽しめそうです。今回は、低く横に広がりを持たせたアレンジに仕上がりましたが、次は枝ものを使って縦に伸びやかにいけてみたいです。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

☟ランキングに参加しております。クリックよろしくお願いいたします☺。

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました