着物と花のある暮らし~1月のアレンジ【チューリップとネコヤナギ】

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『季節の花を飾り、花のある暮らしを楽しむ』ということについてお話しさせていただきたいと思います。

花のある暮らしは本当に素敵で憧れますが、なかなか実現はしなくて…。ですが、このブログをきっかけに、思い切って始めてみることにしました。初心者の私でも何か簡単にできるものはないかな、と書店へ行き見つけたのが森美保先生監修・制作の「花1本からはじめる基本のフラワーアレンジ」という本です。ページをめくると一番最初に目に飛び込んできた〝ようこそ、フラワーアレンジの世界へ!″の文章。とてもワクワクしました。そして、洋風も和風も美保先生のアレンジは素敵なものがいっぱい。その中で私ができそうなもの、我が家の空間に飾ってみたいと思ったものを、私なりにいけ、毎月ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

今月の花

美保先生の本を眺めていて、やってみたいなと思っていたアレンジがありました。それが、今回のチューリップとネコヤナギを使ったアレンジです。先月、花屋さんに行った時にチューリップが置いてあるのを見て、ネコヤナギも出てきたらそのアレンジをしようと決めていました。本ではチューリップはピンク色で一重咲きのものを使っていますが、似たようなものがありませんでしたので、色は同じでフリンジ咲きのものを使うことにします。チューリップ3本(1本200円)にネコヤナギ1本(400円)、その他にププレリューム1本(350円)を用意しました。本ではププレリュームではなくセリンセという赤紫色の小花が使われています。

花器

今回のアレンジ用に用意した花器は「ニトリ」で購入しました。ガラス製で筒形のフラワーベースシリンダーのお値段は税抜き462円です。大きさは直径9㎝、高さ20㎝です。*本では同じガラス製ではありますが、直径6㎝、高さ21㎝のフラスコ形が使われています。

手順

ネコヤナギを切り分けます。

枝ぶりを見ながら花穂がたくさん付いている太い枝を残すように、2本に切り分けて余分な枝はさばきます。

ネコヤナギを左右に広がるように器に挿します。

チューリップを1本は短く、残りは長めにカットし、下葉は取り除きます。

チューリップを器の中心に挿します。

ププレリュームを長さを変えて切り分けます。こちらも下葉は取り除きました。

一番長いププレリュームをチューリップの右奥に、短いものを左手前に、中間の長さはその間に挿します。チューリップはバランスを見て先ほどよりも短くしました。

ネコヤナギ、チューリップ、ププレリュームの枝や茎をバランスを見ながらそれぞれ矯めます(曲げてくせをつけます)。「空間の広がりを感じさせるようにする」のがポイントだそうです。*このアレンジでは、カーブをつけたチューリップがアクセントとなっているのですが、茎が折れやすいので矯める時には注意が必要でした。温めながら、徐々にカーブをつけると良いそうです。

チューリップの葉もカールさせ、表情をつけました。

できあがりのサイズは幅65㎝×奥行き45㎝×高さ50㎝になりました。

おわりに…

透明感のある薄ピンク色の可愛らしいチューリップに、伸びやかにいけられたネコヤナギ。春まではまだまだ先になりますが、次の季節が待ち遠しくなるような、ウキウキした気分にさせてくれる、そんなアレンジです。よろしければ、皆さまも、花のある暮らしを。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

ブログランキング・にほんブログ村へ

☝ランキングに参加しております。クリックよろしくお願いいたします☺

タイトルとURLをコピーしました