「鼻緒キーパー」をつくる

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『鼻緒キーパーを手作りしてみる』ということについてお話しさせていただきたいと思います。

久しぶりに礼装用の草履を出してみましたら、鼻緒が型崩れしていてびっくりしました。特に礼装用ですのでこれではいけないと思っていたところ、以前どこかで「鼻緒キーパー」というものを見たことがあるのを思い出しました。ネットでいろいろと検索してみますと、販売もされていましたが簡単に作れそうでしたので、早速、その「鼻緒キーパー」を手作りしてみることにしました。

スポンサーリンク

「鼻緒キーパー」とは

鼻緒の型崩れを防ぐための草履用シューキーパーで、二股に分かれたクッションを履物の前坪の部分に差し込んで使います。ネットショッピングですと、大体、送料別で1,500円前後で販売されているようです。

久しぶりに出した礼装用の草履。鼻緒に履きあとが…。
スポンサーリンク

作り方

できあがりのサイズは、縦10㎝×横8㎝×厚さ3㎝ほどになります。*Sサイズ、細身台の草履(台の大きさが約23㎝×7.5㎝)に合わせたものです。

≪材料≫

以前、羽織を誂えたときの残り布でショールをハンドメイドしたのですが、そのショールの裏地に使ったベロア生地が少し残っていましたので、そちらを使うことにします。中に詰める綿は、100円ショップで購入したポリエステル素材のものです。

≪型紙≫

厚紙を縦12㎝×横10㎝に切り、前坪を挟む部分には長さ4㎝の溝を作ります。足先側の両角には軽く丸みを付けましたが、好みで無しにしても、もっと丸くしても良いと思います。

≪手順≫

型紙を生地の裏面に置き、周りに印を付けます。

溝の印を付けたものを2つ、付けていないものを2つ用意します。

付けた印に合わせて生地をカットしますが、溝の印部分はこの時点ではまだカットしません

☝私も愛用している「クロバー」の布切りはさみ。デザインも使い心地も最高です♪

溝の印を付けたものと付けていないものを一組にして中表に合わせ、2枚の生地がずれてしまわないよう注意しながら、布端から5㎜ほどのところを並縫いします。足先と反対側の一辺は後で綿を詰めるので開けておき、前坪の部分は写真のように付けた印に合わせて細長いコの字型に縫います。

前坪の部分に、印通りに切り込みを入れます。

裏返しましたら、綿を10gほど詰めて縫い閉じます。

「鼻緒キーパー」ができあがりました。

使ってみると

二股に分かれた部分が前坪を挟み込み、草履にしっかりとセットされます。

厚みのあるクッションが、前坪や鼻緒の形をしっかりと保護しています。

おわりに…

他に持っている履物は柔らかめの鼻緒ばかりですので気になりませんでしたが、礼装用などで硬めの鼻緒は履きあとが付きやすいのだな、と改めて気付きました。履く機会があまりなく箱に入れてしまい込みますので、そういったときには鼻緒キーパーを使うと、きれいな形のまま保管できるので安心です。材料費もさほどかからず、手縫いで簡単に作ることができますので、もう一つある内履き用の分もさっと作ってしまおうと思っています。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

☝ランキングに参加しております。記事を気に入ってくださいましたら、クリックよろしくお願いいたします☺

タイトルとURLをコピーしました