リメイク羽織紐

皆さま、こんにちは。ユウミです。毎回、私流の着物ライフを発信しておりますが、今回は…『ビーズネックレスを羽織紐にリメイクする』ということについてお話しさせていただきたいと思います。

だいぶ前に購入した、ビーズのネックレス。買ってすぐに何度か使ったものの、その後はずっと自室の壁に飾っていただけでした。ちょうど羽織紐を作ろうと材料を探していましたので、その使わなくなったビーズネックレスをリメイクして、新しく羽織紐を作ろうと思います。

☝「菱屋カレンブロッソ」と大島紬メーカーの「枡屋儀兵衛」がコラボしたオリジナルカフェ草履。お洒落な唐草模様の台には、本場縞大島の鼻緒がすげられています。

ネックレスをリメイク

10年くらい前でしょうか…。その時とても流行っていたデザインのネックレスです。こういったアクセサリーはほとんど使わないのですが、ちょうど友人と集まる予定がありましたので、その日のコーディネート(着物ではなく洋装です)に合わせようと衝動買いしたものです。大ぶりのビーズとチェーンが組み合わさった、インパクトのあるデザインです。

追加する材料

羽織紐ですので、羽織の ‟乳(ち)” に取り付けるための「カニカン」を用意します。また、ビーズに通すワイヤーを固定するための「カシメ玉」は使い回しできませんので新しく用意します。その他は、ネックレスに使われているものを再利用します。

必要な道具

平ペンチを2つとニッパーを用意します。平ペンチは丸カンのつなぎ目を開く時とカシメ玉をつぶす時に、また、ニッパーはワイヤーを切る時に使います。

作り方

ワイヤーの端(カシメ玉で固定されているところ)をニッパーでカットしてビーズを出します。

羽織紐の長さ分、好きなビーズを選んで並び替え、短くしたワイヤーに通します。

ワイヤーの端をリングに通し、カシメ玉で固定します。

カシメ玉は平ペンチではさんで動かないくらいにつぶします。

反対側のワイヤーの端も、先にカニカンを取り付けた丸カンに通し、カシメ玉で固定します。 ワイヤーの端はビーズの中に隠します。

反対側にもカニカンを取り付けます。

ビーズネックレスをリメイクした羽織紐ができあがりました。私の持っている、黒地にビー玉柄の羽織にもぴったり合いそうです。

もともと洋装用のアクセサリーでしたので、いかにも和風なデザインには仕上がらず、モダンなコーディネートができそうです。また、既にできあがっているものを少し変えただけですので、ビーズの組み合わせは、あまり考えなくても良く合っていると思います。ビーズはだいぶ残りましたので、他にも何か和装用のアクセサリーを作って羽織紐とお揃いで使えたら…と思っています。

おわりに…

使わなくなったネックレスが羽織紐に生まれ変わり、お気に入りの和装アクセサリーが一つ増えました。夏が終わると、羽織の季節。手作りの羽織紐をコーディネートに取り入れて、秋・冬の着物ライフを楽しみたいと思います。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

☟ランキングに参加しております。クリックよろしくお願いいたします☺。

ブログランキング・にほんブログ村へ

タイトルとURLをコピーしました