ビーズの羽織紐の作り方ー長さや手作りする方法をご紹介します

ビーズの羽織紐の作り方をご紹介させていただきます。好みのビーズを使って簡単に手作りできるお洒落な羽織の紐です。

こんにちは。

『ユウミ キモノブログ』管理人の

ユウミと申します。

だいぶ前に購入した、ビーズのネックレス。

買ってすぐに何度か使ったものの、その後はずっと自室の壁に飾っていただけでした。

ちょうど羽織紐を作ろうと材料を探していましたので、その使わなくなったビーズネックレスをリメイクして、新しく羽織紐を作ろうと思います。

どうぞ、ビーズで羽織紐を手作りする際のご参考になさってください(*^^*)。

スポンサーリンク

ビーズネックレスを羽織紐の材料に

10年くらい前でしょうか…。そのとき、とても流行っていたデザインのネックレスで、大ぶりのビーズとチェーンが組み合わさった、インパクトのあるデザインです。

今回はネックレスをリメイクして羽織紐を作りますが、どうぞお好きなビーズで作ってください(*^^*)。

追加する材料

羽織紐ですので、羽織の ‟乳(ち)” に取り付けるための「カニカン」を用意します。また、ビーズに通すコードを固定するための「カシメ玉」は使い回しできませんので新しく用意します。ビーズとコードはネックレスに使われているものを再利用します。

必要な道具

平ペンチを2つとニッパーを用意します。平ペンチは丸カンのつなぎ目を開くときとカシメ玉をつぶすときに、また、ニッパーはコードを切るときに使います。

スポンサーリンク

ビーズの羽織紐の作り方

コードの端(カシメ玉で固定されているところ)をニッパーでカットしてビーズを取り出します。

羽織紐の長さ分、好きなビーズを選んで並び替え、短くしたコードに通します。コードの長さは羽織紐の長さに左右それぞれ3~4cmの余裕を持たせます。

ビーズの羽織紐の一般的な長さは、15~16cmくらいのものが多いようです。ご自分の体形やビーズの羽織紐のデザイン、羽織に付けたときにどの程度張らせるかで長さを決めてください。

コードの端をリングに通し、カシメ玉で固定します。

カシメ玉は平ペンチではさんで動かないくらいにつぶします。

反対側のコードの端も、先にカニカンを取り付けた丸カンに通し、カシメ玉で固定します。 左右のコードの端はビーズの中に隠します。

反対側にもカニカンを取り付けます。

ビーズネックレスをリメイクした羽織紐ができあがりました。

もともと洋装用のアクセサリーでしたので、いかにも和風なデザインには仕上がらず、モダンなコーディネートができそうです。また、既にできあがっているものを少し変えただけですので、ビーズの組み合わせは、あまり考えなくても良く合っていると思います。
スポンサーリンク

羽織紐の位置

羽織紐の位置には決まりがなく、自分でバランスの良い位置を決めると良いです。

「帯の上側のライン」から「帯締め」の間の位置に羽織紐がくるようにすると、ごちゃごちゃせずにスッキリとしてバランスが良いと思います。

乳の位置やビーズの羽織紐のデザイン、羽織に付けたときの張らせ具合で調節してくださいね(*^^*)。

スポンサーリンク

おわりに…

ビーズの羽織紐の作り方は簡単ですので、ぜひ、手作りのビーズの羽織紐をコーディネートに取り入れて着物ライフを楽しんでください(*^^*)。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

☟ランキングに参加しております。記事を気に入ってくださいましたら、クリックよろしくお願いいたします☺。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました