着物姿に合う「スリッパ袋」

手ぬぐいで作るスリッパ袋

スリッパ袋の作り方のご紹介です。お洒落で上品な金封袱紗型のスリッパ入れです。

こんにちは。当サイト管理人のユウミと申します。

参観日等で子供たちの学校や幼稚園に行くときには、スリッパを持参します。

ちょうど、気に入るものを見つけてはついつい買って増えてしまう「手ぬぐい」を何かに使いたいと思っていましたので、スリッパ袋を作ることにしました。

巾着型も可愛らしいのですが、金封袱紗型の方がスリッパを出し入れするときのしぐさが上品です。

私は着物を着る機会が多いので、手ぬぐいを使った金封袱紗型で、組紐で作った飾り紐を取り付けた「和風のデザイン」にしましたが、もちろん洋装の場合でも素敵だと思います。

スポンサーリンク

100円ショップのスリッパ

夏の時期、100円ショップでは和風のスリッパが出回ります。こちらの竹製のスリッパは、セリアで購入したものです。可愛らしい小花柄は、なんとなく「鮫小紋」(着物の柄で、鮫の肌のように見える文様のことです)のようにも見えます。

スポンサーリンク

スリッパ袋の作り方

手ぬぐい1枚を半分に切り分け、それぞれ表地・裏地とし「金封袱紗」のような形のスリッパ袋を作ります。組紐で作った飾り紐を取り付け、開け閉めできるようにします。

材料

  • 手ぬぐい  1枚
  • 接着芯  手ぬぐいの1/2の大きさ
  • 組紐  太さ2.5㎜ 100㎝
  • ウッドビーズ  大1個 小2個

*手ぬぐいは100円ショップ等で取り扱っている、周りがミシン処理されているタイプのものではなく、両サイドにみみが付いているタイプのものを使用しました。

袋部分を作る

手ぬぐいを半分に切り分け、表地となる方の裏側に接着芯を貼り付けます。*生地の長さは入れるスリッパの大きさにより調節します。

☝私も愛用している「クロバー」の布切りはさみ。デザインも使い心地も最高です♪

中表に合わせ、ふたとなる部分以外の三方を縫い合わせます。*この時、裏地側を少しだけつり気味にします。

縫いしろを折ってアイロンで落ち着かせた後、表に返します。*縫わずに空いている部分(ふた部分)の裏地側の縫いしろは表地側より少し控えて折ります。

ふたとは反対側の端を縫います。

スリッパの幅と厚みを合わせた分を裏地側へ折り返します。

底となる部分以外の三方を縫います。*矢印の示す段差の辺りは返し縫いをして補強します。

袋部分が完成しました。

紐を付ける

組紐とウッドビーズで飾り紐を作り、ふた部分に取り付けます。

組紐の中央にウッドビーズ(大)を通し、「つゆ結び」を1つ作って固定します。

☟「つゆ結び」のやり方は、よろしければ、こちらの記事をお読みください。

一度、袋にグルっと一巻きするように長さを合わせてみて、ウッドビーズの根本となる部分につゆ結びを3つ作ります。

それぞれの組紐の端にウッドビーズ(小)を通し、ひと結びしましたら、余分な部分を切り落とします。

飾り紐の完成です。

ウッドビーズの根元にあるつゆ結びの結び目を、ふた部分に縫い付けます。

手ぬぐいで作る「金封袱紗型のスリッパ袋」ができあがりました。

おわりに…

巾着型も可愛らしいのですが、金封袱紗型はスリッパを出し入れするときのしぐさが上品で、着物姿にはより合っているのではないかなと思います。100円ショップのスリッパですが、手作りの素敵なスリッパ袋にしまうと、バッグの中に入れていても出先で取り出したときも、とてもお洒落に見えますね。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。どうぞ、皆さまも素敵な着物ライフをお過ごしください。。

☟ランキングに参加しております。記事を気に入ってくださいましたら、クリックよろしくお願いいたします☺

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました